「まん延防止等重点措置」はオミクロンに効果有るの

政府は24日「まん延防止等重点措置」北海道、関西18都道府県に適用既に適用している県を合わせ34都道府県に拡大する。

「まん延防止等重点措置」は検証されていない

オミクロンに関して非常にその根拠というのが薄弱である「まん延防止等重点措置」期待される効果に比べて経済に与える影響が大き過ぎる。

現時点で国内の感染の急速なほとんどを飲食店が占めているのか?国民の成人の8割が2回目接種を終えている更に代5派のウイルス終焉は検証されていない。

飲食店が又タ−ゲツト

二つを前提に考えてみると飲食店の「まん延防止等重点措置」何でこの状態で出すのか近い距離で大声で話すことによってオミクロンは感染している家庭内感染が増えているのが証拠だ。

飲食店が又タ−ゲツト昼のワイドショーで何で家庭内感染が増えかに対して家庭内で過ごす時間が増えたとも言っている。

感染の場所が変わっている飲食への規制をする意味は薄い

飲食店の規制が必要と言ってる人は何を重視しているのか感染拡大の関連性これ第5波デルタ株の感染拡大のデータを見る限りで怪しいと言われています。

政府分科会会長の尾身茂先生が「ステイホームをいたずらに進める必要性はない渋谷の交差点が怒鳴り込んでも感染拡大とは関係ない」と言って話題になっている。

政治家は批判が怖い

尾身先生は人数制限という対策の方が妥当性が高い方向転換について説明責任を果たせないままは間違いと言ってる。

飲食店が大変悪いから政治家は「まん延防止等重点措置」を発令は選挙の道具なのか飲食店については個人店が多い事などを理由に会社組織になってない個人店が多い政治に対しまとまりづらいのだ。

日本飲食店連合会が有るが選挙結果に影響しないのだ、一生懸命やってみんなで頑張りましょう風の方が多くてもう政治家の感がえ方は前回と同じ措置が無難だ政治家も方向を買えれば飛んでくる火の子が飛びかかる、去年行ったのと同じことをもう1回やっとけば何もしてない訳ではない。

今までと違ったことをやる事によって新しいタイプの批判が飛んでくる場合が有る簡単なのが行動規制していくべきである。

権力者は都合が良いことを言っている時には自分にとって都合が悪い批判が始めると考えると「政府分科会尾身会長としてのお飲食店なんだろうね」この発言で何かすることで自分たちがやりたい事を「俺がやるってじゃないですよ」根拠のなさは先ほども言及した日本飲食店連合会として感染症対策は責任は県知事や場合によつては政令指定都市政令指定都市市長に有る。

不公平な補助金額が飲食店を分断

自治体も万々歳じゃないが1日当たりの補助金額を見ると時間とか元々の売り上げ着席する県ごとに色々ある8万円ぐらいのところがらマックス10万は可能なのだ3万円から10万円の固定的な規模に応じた給付金なのです。

大将一人やママ一人でやってるような店ならば良いがある程度従業員雇ってしっかりと組織として出して店舗経営者にとっては嬉しな政策とは言えません。

少人数の会食と言うが組織的経営者は習慣的に客が付いて従業員を雇ってサービス向上に努めなければ極めて大きな負担になる。

飲食業界全体にしても頑張って商売を伸ばそうと思ってたところには補助金が少な過ぎる趣味の一環で片手間の店には美味しい話で不公平感が生まれます。

飲食店全体がまとまらないただでさえバラバラで政治力がなかったのに今回の補助金のあり方によってさらに分断されてしまって更に勢力を失ってしまう恐れも有る更に「まん延防止等重点措置」によって日本の飲食店文化が失われていく、手広く飲食店商売やって心が折れば日本食文化としても問題なのだ。

2年近くに渡り飲食店は大変だ国民の敵みたいな扱いを受け結果はこれまでと違うフェーズに入ったコロナの中でもその正常化に向けての動きというのを取りにくい結局で知事選挙で選ばれてるまた支持率が高いから力を行使できるそういった中でその動向みたいなの見てダメージが大きい凄い変換されるんですコロナは。

治療法が確立しているとわ言えないが昨年のようなコロナ患者対応の危険性は薄れた流行る病気という位置づけの変更を模索しているこの流れからで遅れると日本だけコロナショックから回復しないは今一番最悪なのです。

おわりに

恐れも有るこの様な状況考え「まん延防止等重点措置」試作しこれがどう拡大していくのかが鍵だ状況を確認し申請をしてそれが認められていきます。

「まん延防止等重点措置」妥当なのかどうか政府の方が出口対制作を含めが対策できるのか注目してみる必要あるオミクロンか政権含め各県知事の対応というのもかなりお粗末な感じがする政府の対応のおそまつに対して県知事は良い事を言った飲食店にクラスターほとんど出ていない中で飲食店狙は意味有るのかだ。

タイトルとURLをコピーしました