中日根尾昂が投手!内野手や外野手では使えないのか

中日ドラゴンズは野手で起用していた根尾昂をなぜ投手に転向させたのか野手とし使えないのは分かるが投手ではなおさら使えない大阪桐蔭から4年目根尾昂はプロ野球選手としての最後になる。

根尾昂は投手としてのセンスはまったくない急速こそ150kを投げるが高めに球がうくストライクゾーンに入ればプロ野球選手は完全に捉えスタンドに運ばれるプロ野球選手の投手は150kのフォークやスライダーを投げる、目がなれた打者は投手根尾昂の投げる球をいとも簡単に捉えるだろう。

根尾昂内野手

根尾昂はプロ野球に入り4年目

根尾昂は大阪桐蔭からプロ野球の世界に入り4年目の選手内野手としデビューしたが誰が見てもレギュラーとはいえない外野手も挑戦したがレギュラーにはほど遠い当初は二刀流の話もあったがとても二刀流では使えない。

プロ野球選手としかけている守れないプロ野球選手4年目の選手はでなければならない他球団の選手は4年目で活躍している根尾昂は努力しているのは分かるがいまいち野球選手としてのセンスが感じられない今回は投手に転向したが無料だろう150kを投げる根尾昂のフームはバランスが悪い150kの変化球は見られない。

根尾昂は内野手のポジションをつかめなかった

根尾昂は大阪桐蔭から中日ドラゴンズに内野手とし入団した当初は二刀流の話もあったが二刀流はすでに一流選手がいる根尾昂には雲の上の存在だ。

根尾昂は内野手を選択した当然球団も内野手とし期待したがもともと不気味なのかレギュラーは取れない外野手としても挑戦したがレギュラーはつかめなかった。

2軍で鍛えるべき

根尾昂は二軍でじっくりと鍛えるべきだった、いきなり内野手とし一軍起用は中日ドラゴンズの間違いだった二軍で成績を残し一軍で起用するのがあたりまえなのだが期待したのか一軍起用が早すぎたさらに根尾昂は体が硬いように感じるのです大阪桐蔭と同じくらいの練習をするべきだったようです。

根尾昂は不気味な選手

根尾昂はもともと不器用な選手と大阪桐蔭の監督もいっていた内野手として致命的なのです。

さらに外野手も挑戦したがレギュラーはつかめないもはやこれまで投手とし起用されたがフームはバランスが悪い150kの変化球は見られない根尾昂はいかに中日ドラゴンズは育てるのか期待している。

まとめ

根尾昂は早いものでプロ野球選手とし4年目を向かえた投手とし大阪桐蔭では活躍したがプロ野球の世界は厳しい根尾昂は内野手とし登録されたさらに外野手としても中日ドラゴンズは育てる計画をたてたがレギュラーはとれなかった。

最後に投手とし起用されるが150kの玉は動かないバランスは最悪中日ドラゴンズは投手根尾昂をいかに育てるのか見守ります変化した根尾昂投手を見たいのもです

タイトルとURLをコピーしました