山口県阿武町が給付金を誤送金した人物の名を公表し提訴

山口県阿武町で給付金を誤送し世間を騒がせていた人物田口翔を阿武町が提訴した4360万に調査費用や弁護士費用なども上乗せされ5115万9936円を訴状で請求されました。

田口翔は阿武町がYouTubeでPR「空き家バンク制度」を利用して引っ越してきた人物で、地域の活性化を図る目的を利用して阿武町に越してきた人物ですお金に目がくらんだ田口翔の人生をかけた逃亡劇が始まりました。

田口翔勤務先萩のホームセンター

  • 4630万で人生を捨てた田口翔
  • 田口翔は萩ホームセンター勤務先
  • 山口県宇部市出身
  • 阿武町を有名にした功労者田口翔
  • 人生をかけた逃亡劇を見守る世間

犯罪になることはわかっている罪は償う

阿武町は間違い振込を何度も謝罪したが田口翔は応じなかった、田口翔に振込まれたのは血税なのです返金しないで逃亡した田口翔は「犯罪と理解している罪を償う」とはいずれお金を返済するのか刑事罰を意味するのか哀れな若者としか思えないのです世間では顔を出せ給与金を返せと批判を受けているやがて田口翔の顔も履歴も公表されるだろう人生を変えた誤送給与金だったようです。

印鑑購入銀行で気が変わっる

田口翔は一度は阿武町の職員と銀行に向かっている途中で印鑑を購入し銀行に到着すると「今日はやめた」と言い公文書を要求したのです。

確かに阿武町は振込のミスをしたが田口翔は被害を受けていないどのような人物なのかミスをした職員は落ち込んでいると言われている個人的な感想だが銀行も給与金を一人しかも4630万義務はないが確認はするべきではあまりにも事務的な処理は多くの問題を起こした。

阿武町と母の説得

阿武町は簡単に返金しない田口翔に母にもお願いしたようですが30万~50万とすべての金額を違う口座に変えたようです。

田口翔は間違えて振込まれた4630万を返さない正に人生を変えた間違って振込まれた給与金でした母親や周囲の人々も巻き添えにした事件です、なんでない事が大きな事件になったのです。

20代で人生を捨てるのか

田口翔は自ら人生を捨てたのかいずれ顔も経歴も公表されマスコミに登場する努めていた職場は4630万を見ると辞めたどのような人物なのか。

20代をいかに生きてきた人物なのか不思議な若者だ気が変わりいち早く返金する事を願うが行先も連絡も取れない状態と阿武町は言い提訴したのです

まとめ

田口翔にとり今回の間違って振込まれた給与金は人生を捨てた問題だ確かに世間がバッシングする人物だが一番の被害者は田口翔と間違えた職員のようです。

確かに4630万は大金だが誤振込まれた金額に目がくらんで突然に犯罪者になるとはあまりにも不運な誤振込だったようですいよいよ田口翔の逃亡劇が始まった。

タイトルとURLをコピーしました