岸田政権こんどは負けない「WEB3.0」「NFT」成長戦略に指定

カテゴリー

岸田総理はWEB3.0(メタバーズ)を国家戦略として自民党のデジタル社会推進本部に平将明議員を使命をした、WEB1は1991年~2004年にかけインターネットユーザーが調べるのが仕事であり時代の先端だったJWキャドなどが大きな役目をした設計図も手書きからネットに移り戸惑った。

消費者への一方向性であった時代と言えるWEB2は2004年から現代で情報はユーザーが作成したコンテンツをSNSやブログ、ユーチューブ、Facebookなどを私たちが使い情報を発信しているネットでアマゾンでお買い物は大きく増えたGoogle、Amazon、Facebook、Apple社がインターネットの社会を支配しGAFAと呼ばれている。

日本企業は遅れたのです日本人技術者は海外に移住したのです失われた30年と言われている政権が時代を理解できないと国は遅れる事を照明したのです。

平井

WEB3.0の到来

WEB3.0はブロックチェーンを理解するべきです、仮想通貨(暗号通貨)を実現するために開発された技術です分かりやすく言うと、これまでのシステムではリーダーが存在し1つの台帳を所有していたのに対し、ブロックチェーンでは全ての参加者が台帳を所有しています。

参加者の誰かが不正に台帳を改ざんしても、その他の参加者に正しい記録が残されているため、事実上改ざんが不可能になるというものです。

ブロックチェーンとは参加者の中に不正を働く者や正常に動作しない者がいたとしても正しい取引ができ、改ざんが非常に困難で、多数の参加者に同一のデータを分散保持させる仕組みなのです。


ブロックチェーンは今、Web構造を根本的に変革しようとしており、この技術を基盤としてWeb3.0の時代がやって来るのです。

メタバーズ

WEB3.0でなにができる

メタバーズとEFTと言われています多くに企業が参加するに違いないのです仮想空間でのアバターの行動例えば百貨店に入るアバター(自分自身)買い物をするGUCCI グッチのバッグを購入する。

仮想空間であるが実際に現実の世界に送らせてくるのです「グッチが参入していなかければ購入はできません」このように仮想空間で参入している企業のすべてが購入できます遊びのゲームも企業が参加していればゲームも楽しんでできるのです。

EFTとはなにか

デジタルアートはオンライン上のイラスト・画像などやゲーム内のアイテム、マンガ、音楽、などです現在では誰もが使えます例えば有名イラスを誰もがコピーできます。

有名なイラスがこれまで固有の権利や保証がされなかった、デジタルデータにも資産価値が生まれ、デジタルコンテンツの商取引が活発になります。

ジャック・ドーシーの初ツイート取引額:291万5835ドル(約3億1640万円)で購入されました、次にこのジャック・ドーシーの初ツイートを購入する場合EFTに出された場合金額は高騰します購入金額の数%がジャック・ドーシーに入る仕組みです。

EFT

NFT発行は主にイーサリアムというブロックチェーン上で行われ、取引通貨もイーサリアム(ETH)が使われています。

印鑑証明はイーサリアムが仕組みを持っているのですただし著作権はありません日本では坂本龍一さんが楽譜を出品されていましたが誰が購入したか分かりません。

EFT出品は誰もできる

EFTに出品は誰もができますアート作品など好きな人は挑戦してみたらいかがでしょう、しかし出品は(ガス代)と言われる料金が発生します20000~5000円位です。

小学生の絵が高値で取り残されたとか有名な話ですEFTに出品にはコツが有るようです。

おわりに

WEB3.0の到来に日本政府は成長戦略とし本気で世界と戦う姿勢を見せています、中心メンバーは、平井議員(前デジタル大臣)です。

平井さんの下に自由民主党のデジタル社会推進本部があり、平井さんは「私は本部長代理を務めています」平井さんからは今年の初めの本部会議で「NFT市場をしっかり見て日本の成長戦略に入れるべきではないか」という意見を持っていましたのです。

問題は税金や海外に移住した日本人の技術者が帰国するのがカギではWEB3,0を制覇すれば日本は成長するのは明白です。

簡単にWEB,0とEFTを紹介しましたが多く方々がユーチューブにアップされています参考にしていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました