岸田総理の新自由主義からの転換解らない?

岸田首相の言う新自由主義からの転換があなたは分かりますか、この記事を読んでも私自身が理解ができていないのですからなにかぼんやりとしている新自由主義は分からないと言うしかありません。

岸田総理の資本主義

新自由主義からの転換てなによ

岸田総理の言う新しい資本主義です、分からないですね、「日本を良くするんやとか言ってるんじゃん」内容からしたら企業利益を適性と言っててるのか、利益を働く人に還元するの。

岸田政権が続くという前提でちょっと考えるてみる、初信表明でもマスコミの質問時でも新自由主義からの転換と言うばかり今までは古い資本主義だつたのか?新しい資本主義など難しい言葉でなく所得倍増計画など簡単な言葉の説明が詳しくしてもらいたい。

新自由主義で日本再生

新しい自由主義を唱える岸田総理は元総理安倍や麻生総務大臣の顔色をうかがうのは敗北、アベノミクスは失敗なのです始めが大じなのだ。

原因を追及する自民党政権は関係なく時の政権がこ詳しく歴史が検証するだろう、産業界は終身雇用と年功序列の船団方式があって古い日本的経営が原因だったのか、今はグローバル世界になっている欧米流のやり方に遅れたのか、日本的なシステムを日本的に改革をやったら成長できると小泉、竹中ラインが郵政改革を始め大きい改革をした。

間違いない改革と竹中平蔵は胸を張る、改革は痛みを伴うグローバル世界に入るにはコストダウン多くの若者は正規社員の道を失い氷河期世代と言われた、むしろそういう感覚で経営していると全然企業の会社員のやる気がなくなって上司と部下社長と社員の関係っていうのも悪化してしまった労働派遣だ、竹中平蔵が派遣会社会長はまずかつつた、格差は広がり中流家庭が消えた。

成長と分配てなによ

岸田総理の言う成長と分配は欧米流のやり方なのか欧米人はドライな関係でも仕事は確実にする、契約書に書いてあったら日本人って契約書って呼ばない気持ちでやるんです。

家族のために頑張ってるのは世界1だろう、家族のために働く日本人は大企業でもそれは同じ、フランチレストラン夜イタリアンレストランに連れてってもねお茶漬けを注文するのです。

スープのことでほんま気持ちがあってないよ新しい資本主義っていうのは岸田さんが今までやってきて話からすると今まで自民党政権がやってきた改革流じゃなくて古い日本的経営を取り戻すと古い日本的経営を中心とした日本的資本主義をどうやら新しい使用主義と言ってるような気がするんです。

だからそうである限り岸田さんのことを応援すべきだと思う、新しい資本主義を作ろうと思ったら小資本主義の根幹にある政府軍というの政府に買い物最中です岸田総理は小泉純一や竹中平蔵ラインと真反対の政策を「成長の分配と好循環」言っているようです。

まとめ

新自由主義からの転換は難しい信じる力を転換して新しい資本主義を作るためには民にやらせたものをもう1回おやじが買い物最中そのためにはねあのワニの口をもっと開ける?もっとお金を使う、岸田総理の唱える新自由主義は昔の経営者さらに民間に渡した利益を国が取り返すのか分らない。

タイトルとURLをコピーしました