恐怖の円安日本人は祈るしか方法はないのか

カテゴリー

失われた30年は1990年バブル崩壊から始まった日本政府は2009年デフレと始めて明記したながいトンネルに入り込んだ。

2010年IT産業に遅れる得意分野のスマホは海外産業に負けた産業インフレーションが起こせなかったのです。

円安、日本祈る

2013年日銀黒田総裁就任

日銀総裁に黒田総裁が物価上昇2%を二年で達成すると就任したが失われた30年は簡単に物価上昇2%はできなかった。

黒田総裁は元阿部元総理のきもいりで元白川総裁に変わり総裁に就任したが失われた30年は意外と簡単な30年ではなかった。

2年でインフレ脱却を目標にしたが一向にインフレに移行できない政府は企業に賃上げ要求をしたが日本企業は中小企業が支えている大手企業は下請け企業の納品製品を買いたたいた。

日本政府はアベノミクスを勧めるたアベノミクス第1の矢は大胆な金融政、策第2の矢は夢を紡ぐ子育て支援、第3の矢は安心につながる社会保障だったが矢は失敗した。

2016年マイナス金利導

大幅国際の買いいれ国の借金を銀行が買う銀行の借金を日銀が買うご法度だが黒田総裁は勧めた。

市場をお金でジャブブジャブにし金融緩和をした黒田バズーカと呼ばれた政策だったが目標の2%インフレはできなかった。

賃金を揚げなければ景気は良くならないこれが分からないのか市場をお金でジャブジャブにする発想は間違いだ景気の意味が分からない黒田バズーカだった。

経済協力開発機構に取り残された

失われた30年はひどいものだった1990年の頃は世界企業のランキング上位は日本企業が多く占めていたが現代は日本企業はランキング上位にはトヨタ自動車のみもはや日本は先進国から外れた成長率は平均7,5アメリカ3,6韓国0,5日本は0,5と賃金は韓国にも負けたのです。

物価2%上昇達成

物価上昇率2%が達成された喜ぶのは大きな間違いロシアの戦争でのエネルギーがない最悪のインフレなのです。

景気の悪いコストプレッシュインフレ物価上昇のインフレなのです円安はすすみますもはや手立てがない日本これ以上の円安が進まないようにするカードはないのです祈るのみなのです知識人は円をドルに変換していると聞きます。

まとめ

失われた30年は思うほかひどかった政治家は大手企業に向き投資家に富をもたらしたつけが今の日本なのです。

国民みな中流と言われた時代が懐かしく感じられます国の方針を間違えると資源のない日本は悲惨な国になるのです優秀な若者たちは海外に移動しているのです。

タイトルとURLをコピーしました