鈴木宗男議員の発言ウクライナを批判プーチンは人情家!

鈴木宗男(維新の会)の発音に世間が驚いている、発言内容は「10月23日ウクライナが自爆ドローンを飛ばした」事が今回のロシアのプーチンが軍事侵略する結果になったとプーチンを擁護している。

更に鈴木宗男は「ウクライナ大統領ゼレンスキーが停戦合意を履行しなかった」ことが今日の事態を招いていると発言している、民間人を無差別攻撃するプーチンが人情家とは鈴木宗男は国会議員に非ずロシアに住め!北方領土を取り返せ鈴木宗男はプーチンの犬!

プーチン、

鈴木宗男は知らないはずはない、ウクライナの人々の多くが国外退去しポーランドでの子供と妻の別れを誰もが泣かされる、国境での別れです、ウクライナに残りロシアの無差別攻撃におびえる人々の心を鈴木宗男はなぜプーチンを擁護するの。

このような人物が国会議員でいるのが恥ずかしいかぎりです最低の犯罪者プーチンは間違ったものを目にしながも間違っていることに気づいたにもかかわらずそこから目を背けいるのだ。

プーチン大統領は人情家

鈴木宗男はプーチンは人情家と言う、人情家が罪のないウクライナ民間人に無差別攻撃をするはずがない、戦線布告もなく他国をな軍事侵略もしない、ウクライナが自爆ドローンを飛ばしたのはウクライナの国内なのです。

鈴木宗男はプーチンの犬と呼ばれていた北方領土も返ってくることもないのにロシアに宗男ハウスなどを建造し国会では疑惑の総合総社とも呼ばれた、プーチンを人情家と呼ぶ鈴木宗男が国会議員とは恥ずかしい限りですなんとかしなさい維新の会はプーチンの犬疑惑総合総社の鈴木宗男を。

ゼレンスキーが停戦合意しない結果が無差別攻撃?

鈴木宗男はいち早くウクライナに降参しろと言っている、確かに早くウクライナ軍が敗北すれば今の要な結果はないだがウクライナ人はロシアの奴隷になるなら死を選ぶと闘っている

プーチンは今後は化学兵器を使用すると噂されているこの戦争はロシアとウクライナではないウクライナとプーチンの戦争なのですプーチンは負けたくないが既に負けている世界から孤立したロシアにプーチンは追い出される、怖いのは世界中の子どもが正義だといって殺しを教えられたら、いつか世界中の人間は全滅する戦争は恨みを繰り返すのだ。

プーチンは裁かれる戦争犯罪人とし

プーチンは必ず裁かれる多くのウクライナ民間人を無差別攻撃した、この戦争を止めるにはプーチンしかいないのです臆病なプーチンは戦争を辞めないウクライナが敗北宣言をしないとプーチンは負ける。

即ち戦争犯罪人とし裁かれるのが怖いのです、今ロシアのプーチンの組閣人事の幹部が海外逃亡を始めたとウクライナは持ちこたえたロシア敗北でプーチンの犬鈴木宗男はいる場所を失う。

おわりに

今日も朝からウクライナの破壊された民間人の集合住宅がテレビ放送に写し出されている、民間人の死者被害は3000人と言われる女性は泣いている「なぜこのよう事になるの平和に暮らしていたのに」とこのような光景を目にしてもプーチンの犬鈴木宗男はウクライナが悪いと言えるのか。

北方領土問題はプーチンがいなければ問題は以外と解決するプーチンは言う「北方領土は戦争で勝ち取った」では私達の日本の北方領土は戦争でのみ帰るのか鈴木宗男に聞きたい優しさのない正義はなく強さもないのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました