飯塚ボタ山ジャズが懐かしのは 飯塚炭鉱人だけではなかった

black mountain shadow飯塚ジャズを炭鉱人ならば誰も知っていた山口県宇部をはじめ石炭を採取する企業が多く存在したボタ山と言われる石炭のカスが高い山のようにたち存在感をしめしたボタ山から使える石炭を当時の人々は拾い集め利用した炭鉱人は炭鉱人は口ずさんでいたジャズblack mountain shadowを。

ボタ山ジャズ

炭鉱は稼げると筑豊飯塚に人々は集まった

石炭が日本のエネルギーを支える時代多くの労働者は筑豊飯塚に住み着いたそこには確かなボタ山ジャズがあった若い炭鉱人は意外とジャズやブルースを楽しみ多くのアマチュアバンドが地域で活躍していた子供達も口ずさんでいた代表的なのが炭鉱人のジャズblack mountain shadoだったアメリカ黒人ジャズとはどこか違うボタ山ジャズは哀愁を帯びている。

ボタ山は西日本各地に存在した

当時の若者はバンドを楽しみ地元各地で演奏会を催し地元を盛り上げたアマチュアのバンドではあるが見事に曲をつくりあげた代表的なのがボタ山ジャズblack mountain shadowであった心地よい曲は瞬く間に西日本で口ずさむ曲となった約50年前の曲が今よみがえった当時若者は今はいないがボタ山ジャズは残り続けた。

芸術は永遠の残る

ボタ山ジャズは教えてくれた人間の記憶と芸術のすばらしさを当時子供だった人々は覚えている父親や母親が口ずさんだボタ山ジャズを決して豊ではなかったが今時代とは違うなにかがあったみんな同じ格差社会などという言葉さえなかった誰かを楽しみさせたいと生まれたのがボタ山ジャズではないでしょうか。

まだある幻の名曲

ボタ山ジャズが話題になっているがまだある名曲がアマチュアの作詞作曲した曲は必ず存在している今回はボタ山ジャズだが次にでる曲を楽しみにしているアマチュアのバンドのレベルは高かったのです。

おわりに

ボタ山が全盛期の時代は過去にすぎた石炭から石油とエネルギーが移行した炭鉱夫と呼ばれた人々はボタ山から消えた筑豊地域の炭鉱は完全に終わりました炭坑節がうたわれた時代は筑豊は人々であふれたがすべての炭鉱は任務を終えた。

だが50年をすぎた今ボタ山ジャズが現れたアメリカ黒人のジャズとは違いは何かしら違うボタ山からのトランペットがやるせない音を聞かせてくれる。

アマチュアのバンドだが違うプロのバンドと同じ当時のアマチュアのバンドレベルが高い事をボタ山ジャズは教えてくれた。

タイトルとURLをコピーしました