テレワーク近所とトラブル会社を辞めた!

あなたのテレワークは正しくおこなっていますか、IT企業を始めテレワークが必須のビジネスツールですコロナウイルス関係で、最近ではIT企業以外の職種においても普及しつつありますが近所との生活音でトラブル会社を辞めた人多発。

日常生活は様変わりしたのです、部屋の一部が事務員になれば今まで以上の生活音がする問題はマンション近所住民とのトラブルなのです。

テレワークでマンショントラブルは起きる

テレワークでトラブルはマンション住人とのトラブルだ、生活環境は変わった、朝いつも出勤していた社員が毎日自宅勤務をするのです、生活音は大きくなるのは違いないのです、子供達もいつも居る父親に喜び遊ぶ事もあるのは当然のことです。

マンションの住民にはまったく関係ないことなのです、「最近○○はうるさいな」その要な会話が始まるのは違いない、テレワークでトラブル回避するにはマンションの住民にあいさつをするのは常識と思うが意外とあいさつはなされていないようです、せめて在宅勤務のあいさつと子供達の名前くらい近いマンション住民には覚えてもらいましたものです。

テレワークで困る主婦

テレワークでトラブルが起きるのは当然だ、長年に渡り生活をともにした主婦(嫁)でさえ生活リズムが狂うと苦情を言っている、子供達との距離感も大きく変わったのです、だからこそ近くのマンション住民にはあいさつをするのは社会人として当たり前のことです。

あいさつをする子供達を紹介するのは大いじだ「○○ちゃんが走っているな」近所マンション住民には伝わる、この行為だけでも近所住民とのコミュニケーションはとれる、主婦も安心感は芽生える、これを知らないふりをしていればトラブルが始まる、近くの住民にあいさつができないならば住居を変えることだ。

近所から先に苦情はトラブル開始

テレワークで近所から先の苦情がくれば最悪の事態だ「テレワークに変わりまして」などと言っても遅い日常生活から近所住民とのコミュニケーションがとれていれば別だがそれにしても迷惑はかける。

テレワークが決まる前から家族で話し合いをしなければならない、山奥の一軒家ならば別だが、マンションの下の住民から苦情がくれば最悪な結果がまっている、どちらかが会社を辞め移住しなければならない、そこには裁判もあり得るのです。

まとめ

会社員のテレワークは増えるとともにトラブルも増える、会社側は勤務状況の把握をいかにするかを重視しているが問題は近所住民とのコミュニケーションも指導しなければならない、

生活環境は大きく変わる、なにも変わるのは在宅勤務だけではない近所住民の生活環境も変わる事を忘れてはいけない、安心してテレワークをするには会社もテレワークの対応をしなければならない、とりあえず近所住民にテレワークのあいさつは忘れてはならない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました