ニュース 国内

交通事故が「再悪」のペースで増える4つの訳

更新日:

交通事故が後を絶たない園児が又犠牲者

運転者の高齢化

高齢者の運転技術が衰えている事故を起こした運転手は必ずブレーキを踏んだと言うが踏んだのは危険なアクセルの方をパニックで踏んでいるのだ。

事故車を検証している過去の事故で車の欠陥は見つかった過去は有りません、高齢に寄る衰えが原因なのです、運転免許証を取得した時期と現在を比較すると衰えは明白なのです。

個人差は有るが高齢者は運転免許証を返納する時期を自己分析するべきと思う、免許証を更新する時期には一度運転試験場で試す事だ。

自身を運転免許証を取得した時期と現在の運転能力が解る筈です、とっさの判断能力の衰えを自覚する事が大事なのです。

道路標識を見る余裕

一般道路の標識を見る余裕が有るだろうか、とにかくやたらと道路標識が多いい、しかも4年の1度の運転免許証の更新で初めて解る標識が有るのです。

道路標識の多いい事運転しながら見る余裕が有るだろうか、これは高齢者ばかりでは有りません。

知らない土地初めての道路全ての標識を見ながら運転は不可能な事です、その要な事から最悪事故が起きる事が多いいのです。

女性運転手は危険

男性運転手に比べて女性運転手は突然とカーブを切る又突然とブレーキを踏む、後方から見ているとよくわかる、全ての女性運転手とは言わないがとかく危険運転をするのは女性運転手に多いいのです。

運転免許証は取得しているがペーパードライバーの女性運転手が運転すると危険なのは明白なのです。

女性軽視している訳では有りません、誤解のない要に願います。まして高齢者の女性運転手は危険ですマイペースで運転するのです、周りの状況を見る余裕はない要です。

飲酒運転が後を絶たない

飲酒運転が最悪です幾ら叫んでも飲酒運転をする運転が後を絶たないのです、初めから飲酒運転をするつもりは無いが飲酒により酔いが周り運転をするのです。

当初は代行運転を呼ぶつもりだが運転をしてしまうのです、飲酒運転は捕まってしてしまうが捕まらない飲酒運転者を含めると相当な飲酒運転がいると思われます。

飲酒運転が出来ない車の開発が急がれるます、噂では飲酒を感知しエンジンがかからない自動車の開発をしているとか。

これは自動車メイカーは急いで貰いたいものです、アルコール依存症が運転免許証を持っているのです。

交通警察の待ち伏せ

警察官が隠れているパトロールカーの中でひたすらに待っている、驚きました、時間帯により車両侵入禁止を捕まえる、日曜日の朝通学路により8時まで車両侵入禁止の道路が各地に有る。

その要な道路で間違って入る車両を捕まえる、は駄目だ車両侵入禁止時間帯はポールでも置くべきである。

反則金を取る目的とした待ち伏せは警察官に不審感をもたらす、事故防止とは言えない。

右折禁止や左折禁止道路も多く有る、警察官は間違って右折や左折をする運転者をひたすら待つ最悪の交通指導だこれらは反則金を徴収する目的他ならない。

その要な事は辞める事前に危険個所で誘導するのが交通警察官ではないだろうか。

まとめ

最悪の事故が多発する、高齢者の運転者や女性運転手のペーパードライバーの運転者、交通警察官の意味のない待ち伏せ、飲酒運転の多発が多いい。

交通事故が起きる残念なのは高齢者の事故だブレーキとアクセルの踏み間違えで人身事故を起こす、今までの普通の生活をしていたが事態は一変する交通刑務所に入る事に成るのです。

犯罪者に成るのですすべてを失うのです、高速道路の逆走も高運転者です、コンビニに付き込む、家族は一早くも高齢者の父母に免許証返納を促す事だ全てを失う前に。

-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.