ニュース 国内

その手があったのか小室さん「称号圭さま」楽して暮らせる

更新日:

「称号圭さま」真子さまと結婚延期とりあえずアメリカ留学

アメリカ留学で弁護士資格の勉学を所属事務所の援助や膨大金額の奨学金を受けながらお将来的に「弁護士に成るつもりは有りません」と語った小室さんの目的は「称号圭さま」だった要です。

国内の女性宮家創設の議論が高まり実現すれば「圭殿下」の称号が与えられ我々国民は「圭殿下」とお呼びしなければならないのです。更に「圭殿下」は年間4575万円の皇族費が国から支給されのです。

さすが小室さん皇室のプリンセス眞子さまとお付き合いを始められた目的が分かりました。今まで散々と書き立てたマスコミもさすが「圭殿下」には逆らえないと思われます。

小室さんの事務所も皇室の関係は深まって今小室さんを援助するメリットは計り知れないのです。将来的に弁護士にならないと言う小室さんに援助をする事務所の方針が分かりました。

悠仁さまの叔父上「圭殿下」

今はプリンセスマコの婚約者の小室さんだが結婚なされば悠仁さまの叔父上だ眞子さまのお気持ちはお変わり無い限り、小室さんは苦労してきた母を楽な暮らしを与えなければならないのです。

この最後大チャンスは逃がさない、楽して暮らせるのだ何しろ称号「圭殿下」がすぐそこまで見えている、ネット民は「弁護士に成る気は有りません」と言う小室さんに「ユーは何しにアメリカに」とさかんに呟いているがやがては「圭殿下」と呟かなければならない要です。

小室さんは当然の如く皇室のプリンセスと知りつつ眞子さまに接近したに違い有りません、すべては「圭殿下」の称号と母の楽して暮らせるが目的だった要ですね。

苦悩する秋篠宮殿下

秋篠宮殿下は小室さんに国民の祝福を受ける事が大事と述べられたが小室さんは果たして秋篠宮殿下心内を理解していない要です、アメリカ留学も秋篠宮殿下には報告していない要です。

小室さんは事務所の支持を受け行動している要です、これも「称号圭殿下」の為だプリンセス眞子さまのお気持ちが変わらない限り秋篠宮殿下の苦悩は続く要です。天皇陛下は「困ったものだ」と述べられているが小室さんの楽して暮らす「圭殿下」は現実になりそうです。

まとめ

プリンセス眞子さまと小室さんの記者会見で突然現れた小室さんの金銭問題だが一向に進展しない小室さんの学費援助は行為を受けたもので返す気はない要です。

これには驚くばかり例え援助を受けた金銭でも小室さんはお返しするべきだった要です、この問題が早く解決していれば秋篠宮殿下の考え方も違う方向に向かったはずです。

「国民の祝福が大事」と述べられていたのです、小室さんは間違ってしまった要です、自分の学費は自分が支払う是は常識です、それにしても「圭殿下」の称号は果たして国民は受け入れるのだろうか。

-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.