ニュース 国内

金儲と歌が好きで褒章受章歌手部門石川さゆり

更新日:

私の歌が届いているんだ熊本県出身が津軽冬景色

令和初の 褒章受章者にお金儲けと歌が好きな石川さゆりが選ばれた、石川さゆりは日本の演歌歌手で阿久悠の作詞で三木たかし作曲で生まれた曲です。

それにしても令和初の褒章受章者の多いい事に驚いています。石川さゆりは勘違いしている、「私の歌が届いているんだ」別に褒章受章を受賞するほど届いているとは思えないのだが。

届いたのは褒章受章の選考委員の先生方に届いたのではないでしょうか。

石川さゆりは熊本県出身です、津軽海峡冬景色とはぬ無縁の演歌歌手です別に国民に届いているとは思えないのですが本人が思い込みしているだけの話だろう。

この令和の褒章受章で石川さゆりはコンサートやデナーショーの価格が高騰しまたしてもお金儲けができます、次いでに国民栄誉も与えても大喜びするだろう。

褒章(ほうしょう)

社会的や公共福祉、文化に貢献した人に内閣府が与える、政治色の強い日本の栄典の一つです、 対象となる事績により、紅綬褒章、緑綬褒章、黄綬褒章、紫綬褒章、藍綬褒章、紺綬褒章の6種類が有る要です。

今回の褒章は至って政治色が強いのが特徴的と思わざるを得ないのです、演歌歌手の石川さゆりの津軽海峡冬景色は確かに名曲と思われます。

ところが石川さゆりの歌が入らない阿久悠と三木たかしの曲を聞くと石川さゆりの歌が邪魔なのだ。石川さゆりフアンには申し訳ないが「私の歌が届いているんだ」は違う要だ。

褒章は若い層シンガーソングライター

石川さゆりの勘違い国民は石川さゆりの歌をそんなにも支持していない要です、内閣府の先生方が好みの曲なのでしょう。お金儲けで歌う演歌歌手の石川さゆりより一般人で社会や公共の福祉で貢献した人が沢山いる。

お金儲けで歌う石川さゆりよりそちらの方々が先ではないでしょうか。より良い日本にするにはお金儲けで歌う歌手は少しばかり違うと思うのだが。

褒章の基準が不明

社会や公共の福祉、文化などに貢献した者を顕彰すると有るが選考基準が不明なのです、歌手も沢山いる。国民に文化的影響を与えた歌手もいる。

なぜ津軽海峡冬景色が文化に貢献したのです。まだまだ文化に貢献したシンガーソングライターがいる。これらの歌手は内閣府の先生方には理解できないのだろうか。例えば亡き尾崎豊の要な歌手です。おわかりいただけただろうか。

まとめ

令和初の褒章は政治色の強い褒章になった石川さゆりの「私の歌が届いているんだ」勘違いしてもらいたく有りません、お金儲けで歌う石川さゆりが喜んでいる。

今年の紅白歌合戦は決まりましたと。別にヒット曲はないが大喜びでしょうか。石川さゆりが歌わない津軽海峡冬景色が凄く良いのです。

アンジェラ・アキのピアノソロ

-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.