国内

人気急上昇明治の写真家玉村康三郎の美人写真が綺麗すぎる

更新日:

明治の写真家玉村康三郎の画像が凄い

現在社会(令和)で人気急上昇の写真家がいるのです、外国人向けにアメリカ人の依頼を受け日本の名勝・風俗写真100万枚の生産をはじめた、江戸出身の写真家です。

100年前の美少女を撮影しアメリカ人の依頼で着色写真の輸出にとりくみ輸出した明治の写真家です、玉村康三郎は1856年(安政3年江戸に生まれる)1868年(明治元年)金丸源三から写真術を学び始め、1875年(明治7年)独立して東京浅草で写真スタジオを開業しました。

1877年(明治9年)横浜弁天通一丁目に移転、「写真師並写真画売込商・玉村写真館」を開業した写真家です、当然の如く当時は写真家も少なくましてや着色写真の輸出に目を付けたとは凄い先見の目を持っていた写真家の要です。

すなわち現在社会も明治時代も商売上は何変わる事はない要です、行動力が全てだと明治の写真家の玉村康三郎が教えてくれる要です。


風俗写真100万枚を撮影した玉村康三郎

アメリカ人の依頼で100万枚の風俗写真を撮影した玉村康三郎は大儲けをしたに違いないと思われます今も昔(明治)も風俗には興味が有った要ですね。

アメリカ人の依頼と言われていますが、もしかしたら玉村康三郎がアメリカ人に売り込んだ可能性は否定できません、しかも玉村康三郎が撮影した美少女が綺麗過ぎるのです。

インターネットの現在社会で玉村康三郎が撮影した美少の情報を求めて「この女性が誰なのかが知りたいです。ネットで調べてもお名前どころか写真が見つかった場所も分からず情報がありませんでした。せめて写真が撮られた場所、見つかった場所などでもなんでもこの女性を教えてください」

などの人々が多くいるのです、令和初の女性より明治の女性に興味が有るのかもしれません、確かに古い明治の美人写真は情緒が有りどこか懐かしさを感じさせるのです。


明治の初期の美少女この世に存在しない

100年以上の前の玉村康三郎の撮影した美少女は誰もこの世に存在していません、逢う事など不可能に決まりきっていますよね。

だからこそこの写真は、誰なのかとネット社会の現在人は勘違いし捜しているようです、玉村康三郎は捜せても撮影した美少女は捜せるはずなど不可能は分かっていても。

もし捜せたら嬉しい事でしょうが、アメリカ人の依頼なのでアメリカのネットで捜す人もいるかも知れませんがロマンが有り良い事かもと考えます。

まとめ

玉村康三郎の撮影した美人写真を求めるネット社会と100年以上前の写真から何を求めて捜査しているのでしょうか。

現在社会と明治の初期の話です、出来る事なら玉村康三郎の撮影した美人写真は懐かし憂いが有り現在社会の女性にない何かを求めているのかも知れません。

ロマンが有り凄く良く分かるのです明治の初期の美少女は確かに憂いと優しさを感じさせます。

Sponsored Link



-国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.