ニュース 国内

川崎事件の一人で死ね異論声続出

投稿日:

川崎事件で志らく発言に異論を唱えたNPO法人代表理事・藤田孝典さん

100万人の「ひきこも」は就職氷河期世代40代~64歳が多くイメージは不登校=「ひきこもり」をむしろ中高生の問題の要です。

「ポスト団塊ジュニア」と呼ばれた。彼らは「就職氷河期」の2000年前後に大学を卒業し、就活の失敗などを機にひきこもり状態となった人が多いのは事実である。

NPO法人等が彼らをサポートしているが間に合わないのが現実的だ。時代が彼らの運命を変えたのです、一人で死ねば良いの声は最もだがテレビ出演し川崎事件を批判している芸能関係者は「ひきこもり」の100万人に一人で死ねと言うが果たしてこの議論は相当に難しい問題に直面した要だ。

大方「ひきこも」の中高年層は現代社会に何がしの怨みを抱いているはずだ、就職氷河期を経験した一部或いは多くの学生は正規社員にはなれなかったのは事実で有の事です。

しかも優秀な人材も派遣社員か或いはアルバイトで生活を忍んだのです、就職氷河期だから仕方ないと割り切る性格の持ち主は以外に淡々とアルバイトや派遣社員で過ごした要です。

時間は止まらないし元にも戻らない運が悪かったと諦めて派遣社員やアルバイトで忍んだ彼らは何時しか中高生と化したのです。

若い世代は正規社員で活躍する、時代の格差社会で社会から追われた就職氷河期時代の彼らをサポートしているのはNPO法人だけです。

現代社会の負け組

就職氷河期の彼らに罪は有りません、社会的問題で正規社員になれなかった多くの彼らは親を頼った要です。

フリーターと呼ばれた彼らは正に社会から置き去りにされた要です、性格は人それぞれ異なるどの要な環境に置かれても生きる術を持つ人も必ずいる。

一方では大学卒業と共に正規社員を目指して生きた多くの人もいるが就職氷河期は彼らを抹殺した要だ、確かに時代格差は有る、その格差社会は「ひきこもり」の形を構築したのです。

負け犬は噛みつくか逃げる

負け犬は逃げるか又は噛みつく正に野犬だ、野犬は死んでくれと言うと絶対的に死を選択しません。

噛みつくを選択します就職氷河期の「ひきこもり」の彼らを負け犬に例えるのは不適切で有ると承知していますが表現が解りやすい表現なのであえて負け犬と表現したのです。

負け犬に追いやった、のは社会で有る川崎事件の予備軍が控えているのだ、その事を考えると怖ろしい恐怖を感じ得ない、負け犬に一人で死ねと言える事は第二の川崎事件の始まりの要な気がするのです。


一人で死ねは簡単

社会に怨みを持つ100万人の「ひきこもり」すべての「ひきこもり」が犯罪予備軍とは言わないが多くの犯罪予備軍は居るはずです。

時代に取り残された彼らはにNPO法人がサポートしているが間に合わないのが現実だろう、。

事件の被害者を思うと心が痛む可愛らしい子供が召されたのです。それは家族を思うと想像すらできないのです。だからこそ今テレビ出演者は一人で死ねでは事件の本質は解決ない要な気がします、第二の川崎事件が起きない要に「ひきこもり」の人々に光を与えるべきと思うのです。。

まとめ

テレビ出演者は絶対的に一人で死ねと言わざるを得ないのは良く分かります。しかしながら「ひきこもり」100万人の人々に社会は何がしの手を差し伸べただろうか。

何もしていない要です、NPO法人がサポートしているが間に合わないのが現実だろう。

「ひきこもり」は犯罪予備軍では有りませんが今テレビ出演で一人で死ねと言う言葉は果たして適切な言葉でしょうか解りかねるのが本来の回答の要です。

就職氷河期が今問題を起こしているのです。芸能人は簡単に結論を論じない事だ、さもなければ就職氷河期の2000年の時代を勉強したらどうでしょうか。

-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.