サッカー スポーツ

本田圭佑の1000円企画は本物のサッカー界を揺るがす

更新日:


本田圭佑の1000円企画は日本サッカー協会を驚かせる

本田圭佑の「僕が10000円払うので、僕にサッカーを教わりたい人っていますか?」の企画が凄いのです。

この企画は日本サッカー協会を根底から揺るがすに違いない、何故なら現代の日本サッカー協会は下部組織(少年サッカー)等すべてのサッカー関係組織は加盟しなければなりません。

その組織は膨大な組織となり役職者の年収が凄いと、何やら噂されています、川淵三郎がチェアマンに成りJFAの会長は無給の名誉職から有給の仕事に成りその年収は2千万~3千万の収入を得ているのです。

Jリーグ初代チェアマンが川淵三郎でした。川淵三郎は地域密着を掲げて今までのスポンサー企業を排除しました。それは選手の年収を抑えるクラブ経営を最優先するものでした。

Jリーグの選手は契約金は有りません、支度金程度の金額が支給されるおです。川淵三郎の知恵です。クラブを安泰に保ちながら自らの収入を得る作戦です。

本田圭佑は勿論日本サッカー協会を熟知しているのです、いまだに君臨する例えば釜本邦茂彼らはの時代のサッカーは今は有りません、システムは(フォワード)(フルバック)(デフェンダー)実にシンプルなシステムで戦いました。

その中心が川淵三郎や釜本邦茂、岡田武史などのメンバーが未だに君臨しているのです。下部組織は日本全国に散りばめています、その金額は膨大金額です。

役職者はお辞め願いたいが辞められません、本田圭佑の1000円企画がスタートすれば如何に成ると思いますか、それは日本サッカー協会を根底から覆すのです。

本田圭佑の企画は素晴らしい

今迄はチームに所属しクラブ費を徴収していたが本田圭佑の企画は真逆のクラブです。

少年サッカーと言えども遠征費等はかなりの金額を納めて少年サッカーは運営しています。

少年を集めるクラブはもはやサッカー塾化されています、クラブの代表は人数を集めるのが仕事と成り指導者もそれなりの指導者が指導をするのです。

これでは素晴らしい選手は生まれません、本田圭佑の1000円企画は素晴らしい素材の選手はクラブ費を支払う事は有りません。

逆に1000円が少年サッカー選手に与えられるのです、自身の有る選手は本田圭佑の1000円企画に応募する事でしょう。

家庭の事情でサッカーを諦めかけて少年サッカー選手はチャンス到来です、本田圭佑の今回の企画で本田圭佑は「僕の都合の関係もあって選んだのは1人だけです。本当は1000人くらいは教えたい人がいたんですが6月中に又実施します」とコメントしています、この企画は日本全国の優秀な選手が集まりそうです。

本田圭佑の企画の知恵

本田圭佑の企画の知恵は凄いのです1000円の選手を1000人集めると1千万円を本田圭佑は支払うのです。

しかし1千万円は簡単に回収出来るのです、1000人の優れた選手を本田圭佑の企画で育てる当然の如く更なる経費は生まれでしょう。

だが1000人の選手と契約し育てた選手は1人1億にも2憶にも成るのです、世界的な選手が本田圭佑の企画で生まれるともはや本田圭佑のクラブは世界的なクラブに成るのです、本田圭佑の企画システムはその要な事が出来るのです。

本田圭佑の企画はボランティア活動かも

サツカーを愛する本田圭佑のだだのボランティア活動の一環として企画で有るなら如何に成る。

当然の如く高校サッカーやJリーグユースのチームは本田圭佑様でしょう、何しに1000円を与えて育てた選手です。

選手達は本田圭佑の企画選手です、ボランティア活動にしろ本田圭佑の企画は素晴らしい企画で優秀な選手が誕生するでしょう。

そして何よりも驚くのは日本サッカー協会なのです、一流選手を集めた本田圭佑の知恵に名誉総裁や最高顧問はさぞかし驚くはずです。

まとめ

正直に思う事は本田圭佑の企画に驚いた限りです、半分ジョークかなと思いきやこの本田圭佑の企画は完全に本気モードです。

どちらかと言うと本田圭佑の企画は自らのクラブチームとし活動して貰いものです、世界的なクラブに成長し素晴らしいクラブチームを構築して貰いたいものです。

家庭の事情で諦めた優秀な選手を是非とも育てて貰いのです、応援する人々は多いいと思う次第です頑張りましょう本田圭佑の企画クラブ。

スポンサードリンク



 

スポンサードリンク



 

-サッカー, スポーツ

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.