ニュース 国内

「残念」福岡早良区高齢者の運転免許証返納時期考慮の中重大事故

更新日:

5日福岡県早良区で高齢者による重大事故が起きた

事故を起こした高齢者運転手の小島吉正さん(81)と妻節子さん(76)はこの世に存在しない召されたのです、福岡県警は運転手の小島吉正さんを自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いも視野に入れて捜査を開始しました。

車の実況見分や目撃情報の精査を進め、事故の原因を調べている、小島さんはそろそろ運転免許証を返納を考えている矢先の事故でした、誠に残念としか思えない事故です。

夫婦で生きた全てが一瞬で犯罪者に成るのです、小島さん夫妻は召されたのです、今迄真面目に生きたのは何だったのか犯罪のままで召されたのです、しかもこの事故は多くの他人を巻き添えにしました。

その事故は車を6台と9人の死傷者をだす重大事故だったのです、亡くなった小島吉正さん(81)を知る近所の人達は普段から慎重な運転ぶりと、深刻な事故との落差に驚いている。又自治会長を長年務めるなど地域活動に熱心でごく普通の夫婦なのです。

問題は81歳と言う高齢者が運転免許証を返納を検討中で有った中の事故なのです、思い立ったら即返納をするべきと思う、この世に悲惨な事故を残して旅立つとは最悪の事態です。

時計の針は戻らない言い換えれば被害者にお詫びもできないのです、事故は一方的に高齢者の小島吉正さん(81)の運転が誤っている事故は今から福男県警で調べられるが解らないのが正解でしょう。

なでなら高齢者の運転者は自分自身が解らないのです、ましてこの世に存在しない小島さんに何も語る事は有ります、今すぐ運転免許証を返納を検討している、人は返納するべきだと思う。

高齢者の運転事故はアクセルとブレーキ

小島さんはテレビ画面から見るにハンドルは操作している、しかしブレーキは効かない、その事から小島さんは意識は有ると思われます。

問題は車を止める為の操作がアクセルを一生懸命に踏んでいるのです、スピードは160kまで上がっていたと言われる、意識は有るがもはやブレーキを踏むばかりの運転です。

これが重大事故の原因と思います。止まらない車は別の車に追突する正に小島さんはパニック状態に置かれたようです。


昨今終活と言う言葉が囁かれる

終活には遺品整理やお墓の問題が重視されているが終活の一番は高齢者の運転免許証を返納を挙げるべきと思う、遺産やお墓は他人を巻き込み迷惑を掛けることは有りません。

小島さんはさぞかし残念と思われて居るはずだ、だだ終活は終わった、重大事故と言う汚名で終活したのです、被害者に迷惑を掛けた、小島さんは終活を失敗したようです。

終活の中に運転免許証を返納を取り入れていなかったのが全ての失敗です、果たして終活の中に運転免許証返納を取り入れている高齢者の運転者が幾人いるのだろうか、是非とも高齢者の運転者は終活の中に運転免許証返納を取り入れる事をお勧めしたいと思います。

まとめ

高齢者の運転者小島さんは町内会長をなさる人物です、今日もテレビ番組でこの事故を取り上げてています、小島さんは意識がなかった等とコメントしているが是は違う意識は完全に有る。

何故ならハンドルは必死に握り交わそうとしている、明らかにブレーキを踏んでいる、止まらないのでぶつかる、パニックになる、このパターンが高齢者の運転者の事故だ。

必ず高齢者の運転者はブレーキを踏んだと言う、間違いなくアクセルとブレーキの踏み間違えだ、もう一度確認します就活には運転免許証の返納を入れる事が最高の終活だと信じるがいかがでしょうか。

Sponsored Link



-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.