ニュース 国内

杉良太郎が自動車免許証を自主返納した高齢者の重大事故にすきま風

更新日:

杉良太郎が自動車免許証自主返納した妻伍代夏子「いいんじゃない」

杉良太郎(74)が7日東京都の東大井鮫洲運転免許試験場に運転免許証を返納した要です。

度重なる高齢者の重大事故更に自身の身体能力にも衰えをまま感じる事が有ったのが理由と言う、すき間風が吹いた訳でもないんだろうが74歳はやはり人生の下り坂の景色を見る年齢だ。

人生の下り坂の、景色は絶景と作家「五木寛之」が書いている。その絶景を見る事なく重大事故で亡くなられた夫婦や重大事故で交通刑務所に服役する高齢者が多発しているし毎日重大事故が報道される。

高齢者の重大事故は凄まじいのです、何故なアクセルとブレーキの間違えから起きる事故です、かたや止めるブレーキかたらスピードを上げるアクセルこの二つの操作を間違えるのです。

だから高齢者の事故は重大事故に成るのです、80歳を超え運転免許証返納をしないで運転する高齢者はもはや走る特攻隊の要です。

お年寄りの運転を見かけると思わず恐怖を感じ得ない、のです杉良太郎が74歳で運転免許証返納されました、妻の伍代夏子が偉い「いいんじゃない」その言葉が運転免許証返納を促すのです。

今まで正当な生き方をされた方々が人生の下り坂で大きな過ちを侵すのは自動車運転しか考えられないのです、自分の現状を明らかに見つめ直し人生の下り坂の醍醐味を見るのは素晴らしい事です。

杉良太郎はリスク回避した

杉良太郎と言えば「すき間風」と言う曲が有る「人を愛して人は心開き・・・みるだろう」その要な曲ですが少なくとも杉良太郎は重大事故で刑務所に入る事や人身事故で重大事故を起こすリスクか回避した要です。

それの妻の伍代夏子の「いいんじゃない」が背中を押した要です。夫婦が高齢者で妻が助手席見た目は素晴らしい光景かも知れないが大きなリスクを抱え楽しんでいるのです。

さぞかし夫の運転で買い物やドライブは楽しいだろうが夫は大いなるリスクを抱えている事を妻や家族は理解しなければなりません。高齢者の運転は危険と隣合わさせなのです。

それが理解できない方々が重大事故を起こすのです、法的には現在は異論は有りませんが高齢者の運転は自己責任とはいかないのです、何故なら人身事故でかけがいのない子供たちを巻き込む恐れがあるのです。

自分の一人の問題では有りません、高齢者は終活とかをなさいます、終活は是非とも運転免許証返納も入れてください。人生の下り坂の醍醐味は素晴らしいと作家「五木寛之」が言っています、杉良太郎が歌うすき間風は完全に今後も聞けそうですリスクを回避した杉良太郎は少なくとも重大事故を起こすことが有りません。


まとめ

警察庁の発表によると、昨年に運転免許を自主返納したのは全国でおよそ42・1万人で、そのうち75歳以上が29・3万人という。

年々返納者数は増加しているものの、返納率は75歳以上の免許保有者のたったの5%と言われています95%が危険な特攻隊なのです。

これでは高齢者の運転の事故は更に増加するでしょう、そして悲劇を生むのです。95%の高齢者の運転者に伝えたい是非とも杉良太郎の要に自主返納をする事をお勧め致します。そろそろ考えているが一番危険なのですがいかがでしょうか。

Sponsored Link



-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.