スポーツ 競馬

藤田奈々子は2016ひな祭りデビューから3年凄すぎる競馬女子

更新日:


ひな祭り2016年3月2日競馬女子藤田奈々子がデビューした思い出

2016年川崎競馬場に取材陣60社140名と共に藤田奈々子が11時20分にデビューした、JRA16年ぶりに7人目の女性ジョッキーの藤田菜七子(18)が取材陣60社140名を引連れて3日と5日の中央競馬に先駆けて南関東・川崎競馬場で「ひな祭りデビュー」を迎えたのです。

初陣は午前11時20分発走の1R、コンバットダイヤ。他にも4、5、8、10、12Rの計6鞍の騎乗が予定されており、いきなり初白星を挙げるか、注目が集めていたが、 3日の菜七子の川崎デビュー戦に向けマスコミ各社や関係者は緊張につつまれていました。

前日の2日、当の本人は美浦トレセンで淡々と4頭の調教をこなしていた、朝7時すぎには中央での初騎乗予定(5日中山)のネイチャーポイント(牡3)の坂路調教に騎乗してループドライブを3馬身追走からスタートし、ラスト1Fでいっぱいに手綱を押すと楽々と4馬身先着。

「先生(根本師)にしっかりやってくれ、と言われましたと言い反応が良かった」とホッとした表情を浮かべていたのです。

取材陣60社140名は藤田奈々子にプレッシャーを与えると思うが、この企画は師匠の根本師の計らいで決定した「ひな祭りデビュー戦」だが小回りでコーナーのきついコース形態は、決して乗りやすいとはいえないコースです。

そこは折り込み済みと言う「競馬学校コースが1周1400メートルで川崎は1200メートルなので、タイトに回らないといけない」と気を引き締める。

根本師も「初めてのことだらけだけど、もうプロ。しっかり乗り越えてもらわないと」と既にプロ騎手藤田奈々子デビューを引き締めたのです。

3日の川崎は自厩舎のレガリアシチー(10R)に加え、地方所属馬5頭の依頼が舞い込む人気ぶり。菜七子は「レガリアは調教で引っ掛かるところがあるので気をつけたい。

他厩舎の馬はVTRを見て研究します」と意欲をのぞかせていた、川崎競馬場も準備に追われていたがた、延べ60社、140人以上の取材申し込みが殺到していて在京キー局は全社。

関西からもクルーが押し寄せる注目ぶりでした平日の入場人員は平均で3000~4000人というが、これを上回るファンが詰めかけることは間違いないのだ、藤田奈々子の憧れは同じ女性ジョッキーのリサ・オールプレス騎手。

昨年、短期免許で来日していたときに親しくなり、感銘を受けたと言う「競馬に対する姿勢はもちろん、トレーニングなども本当にストイック、リサのようになりたいと心の底から思います」と帰国後も活躍する彼女に刺激を受けている。

3日のデビュー戦は1Rで、コンバットダイヤ(浦和所属)とコンビを組む。16年ぶりのJRA女性新人ジョッキーのデビューに、主催者の神奈川県川崎競馬組合は、通常開催が3000人弱のところを「1万人の入場を予想しています」と意気込んでいる注目はマスコミも47社、100人を超える記者やカメラマンから取材申請が来ていると言うのです

「川崎競馬場には両親が応援に来てくれます、今はまだあまり緊張はしていないですね」とデビューを間近に控えた心境を伝えた今日3日午前11時20分、運命のゲートが開いたのです。

2016年ひな祭り5レース藤田奈々子2着お見事でした

5レース1500m藤田奈々子4枠馬番6番「ミスターナインワン」4番人気でスタートした4枠からのスタート1コーナーを5番で付ける。

さすがにデビュー戦余裕は感じられないが懸命に走る、2コーナで2番に上げる、少しばかり早いかと感じたが3コーナで3番と安定したさばきを見せる藤田奈々子4コーナで4番懸命にムチを馬番6番の「ミスターナインワン」は藤田奈々子デビュー戦を知っているかのように一直線に追い込む馬番9「スマートグリフイン」2番人気騎手繁田健二には届かなかったが2着で入る。

とても女性とは思えない騎馬は多くのフアンを驚かせたのです、首の差では有ったがデビュー戦でしかも余りにも大きな話題を背負っていた想像以上のプレッシャーの中のレースに成ったに違いないだろう。

一着9番「ミスターナインワン」騎手繁田健二、二着6番「スマートグリフイン」騎手はデビュー戦の女性の藤田奈々子だった(9-4)の5レースだったのです。

あれから3年2019年15藤田菜七子は東京競馬2Rにいた

4番人気のアサクサマヤを大外一気の末脚で勝利へ導いたのです。5月25日の東京競馬9R以来の勝利となり、今季16勝目、JRA通算63勝目となった。

菜七子は「こういう馬場は結果的に合っていたと思います。しまいはいい脚を使ってくれたし、良かったです」と喜んでいたが藤田奈々子は相当の努力をしたのです競馬は勝負の世界いまだ彼女は進化しているのです。

まとめ

武豊と藤田奈々子競馬女子の思い出2016年藤田奈々子は武豊と同じレースに騎乗した。

武豊は思いききりレースをできない要だ、それは藤田奈々子競馬女子を落馬させたら日本中の競馬フアンを敵に回すとコメントしたのです。

ジョークかも知れないが当時の藤田奈々子は凄い人気の競馬女子でした現在藤田奈々子は確実に進化しているJRA16年ぶり7人目の競馬女子藤田奈々子は凄いのです。

-スポーツ, 競馬

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.