スポーツ マラソン

まずは産地偽装猫ひろしマラソンランナー2020年東京五輪確定

更新日:

産地偽装カンボジア代表マラソンランナー猫ひろしは凄い

2020東京五輪マラソンは日本国内では男子2枠を勝ち取る為熾烈な競争が始まりました。

マラソン代表を決める「MGCレース」に出るのは誰かなのか2時間6分代を目指し2020東京五輪マラソン出場を目指しています。

2時間10分では東京五輪マラソン出場は無理です、既に日本記録は 大迫傑が2:05:50 更に設楽悠太は2:06:11と2時間10分を切り最終レース「MGC」で代表選手が戦います。

今回は東京オリンピック出場者は、一発勝負で選ぶ方式に変わりました。「MGCレース」とは俗に言う東京マラソンや福岡国際マラソン、びわ湖マラソン等の覇者が最終的に東京で戦うのです。

「MGCレース」2019年9月15日(日)に開催されます

日本を代表するマラソンランナーが2019年9月15日東京で2枠を争うのです凄いレースに成るのは間違い有りません。

そこで産地偽装のマラソンランナー猫ひろしは凄いと思いませんか、既にカンボジア代表のマラソンランナーに当確しているのです。

過酷な日本のレースは避けて産地偽装でカンボジア代表凄いアイデアの猫ですね。前回のリオデジャネイロ・オリンピック最終日の8月21日に男子マラソンが行われました。

カンボジア代表として初出場したタレントの猫ひろし(39)が完走しました、カンボジア代表として初出場したタレントの猫ひろし(39)タイムは2時間45分55秒で後ろは一人でした。

カンボジア代表でも五輪マラソン出場には違い有りません、産地偽装と言われても猫ひろしは走ります。

カンボジア代表な猫ひろしはなぜなれるのか、日本の「MGCレース」では産地偽装の猫ひろしは敵いません。

そこで目を付けたのが猫の知恵です、カンボジア代表になれる理由はカンボジア人は長距離はキツイと走らないのです、そこに目を付けたのが産地偽装の猫ひろしです。

猫ひろしは芸人ですがカンボジアのマラソンランナー

東京五輪マラソン出場する猫ひろしは凄いのです、放送が終わるまで放送局は猫ひろしを追いかけるのですその視聴率が凄いのです。

ラストから2番を走る猫ひろしは、放送局には非常に都合よく時間帯が会い視聴率アップするのです。

又猫ひろしは日本に帰ると各市民ランナーの大会に招待され稼いでいるのです、収入は芸人の猫ひろしより上回るのです。

猫ひろしは賢い猫です。苦労しないで五輪マラソン出場します2時間45~50分でゴールすればカンボジア代表は良いのです、誰も走らないのです、キツイと言う理由です。産地偽装とは良い所に目を付けた物です。

まとめ

日本のマラソン選手は「「MGCレース」2019年9月15日(日)過酷なレールを走り2名が東京五輪マラソン出場を決めます。

面白いレースに成るのは間違い有りません、大迫傑や設楽悠太が有望です更に箱根駅伝の山登りの青山学院大学出身の神野大地や一色恭志が走ります。

産地偽装の猫ひろしは出場致しましません、カンボジア代表で頑張るのです。東京五輪マラソンも楽しいですが「MGC」2019も楽しみです。

-スポーツ, マラソン

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.