ニュース 芸能界

ピエール瀧コカイ常習犯に執行猶予判決をだした東京地裁の裁判長「人生」が波紋

更新日:

ピエール瀧に裁判所は執行猶予判決

ピエール瀧(51)はコカインや大麻を20代からやっていたのです、足掛け30年の薬物依存のピエール瀧に執行猶予判決を裁判所はだしたのです。

ベテラン薬物依存者を裁判所は初犯と判断したのです、この判決は果たしてピエール瀧の今後に良い結果をもたらすのか疑問です、早くも相方の石野卓球と音楽活動を開始する要です。

30年に渡りコカインや大麻を使用したピエール瀧に今後薬物を始めない事にはどこにも保証は有りません。

まして今からも芸能活動をするピエール瀧には薬物を勧める売人は必ず接近すると思われます、薬物依存者は脳が破壊されているのです。

ピエール瀧の再犯は時間の問題の要な気がします、それは過去の芸能人を観れば明白な事実です、ピエール瀧は売人には有望なお客様なのです。

東京地裁の裁判長の説諭

ピエール瀧の執行猶予判決に置いて東京地裁の小野裁判官は5分以上にわたる説諭を行ったその説諭は「電気グルーヴ」の前身のバンド名にちなみ「人生」とはをピエール瀧瀧被告に問いかけたのです。

人生は色々有るピエール瀧の薬物依存も一つの人生だ、東京地裁の裁判長は「人生を大事にしなさ」と唱えたようだがコカイン中毒者には時が流れれば通用しないのが薬物依存の人生なのです。

20代から始めた薬物依存のピエール瀧は初犯ではあり得ないのだ、見つからなかっただけの事なのです。

ピエール瀧を完全に薬物依存から離すには懲役1年6月の実刑だ妥当で有るのです、音楽関係者には薬物がはびこっているのです。

この要な事実は誰もが知るところなのですピエール瀧には必ず売人が寄り添うだろう、家族の支えは30年に渡り薬物依存のピエール瀧には大変難しい問題で有ると考えられる問題です。

釈放さら芸能人に起きた売人の行動

薬物使用で逮捕された芸能人でタレントミュージシャンが刑期を終え社会復帰したその時売人は「出所おめでとうございます!」と握手を求めたと言う。

握手を求めたその手のは覚醒剤を渡されたと言う本当の話が有るのです、当然の如くミュージシャンの脳は覚醒剤を思いだし、あえなく売人のお客の振り戻ったのです。

薬物依存は治らないのです、東京地裁の裁判長が人生論を幾ら説いても駄目なのです、早くも音楽活動を再開するピエール瀧は早すぎるのです。

せめて自宅での薬物治療法はいとも簡単に無駄に成るでしょう、電気グルーヴにいくら人生を説いても無駄と裁判所は知るべきなのです。

それとも裁判所は有名人に憧れを抱いているのか不自然なピエール瀧えの「人生」を語る裁判長に違和感を覚えたんおです。

まとめ

日本における薬物使用の罪が非常に優しいのです、外国では薬物使用者の罪は厳しい容赦なく裁くのです。

日本人は薬物使用者が若者層から中高年まで使用しているのです昨今では官僚まで薬物使用者が逮捕されているのです。

ごく一部が逮捕されているのです推定の薬物使用者は逮捕される数倍の薬物使用者が居ると言われているのです薬物はその国を駄目にするのです。

では如何なる事をするかそれは30年に渡り役職者は初犯と認めない事だピエール瀧は当然の如く薬物を多くの関係者に進めているのは明白です。

裁判所は「人生論」を説くがこの人生論は多くの薬物使用には無駄と思はれるのです、それよりも執行猶予判決を実刑にする事が良いと思います、売人はすぐにも薬物使用者に接近するのです。

https://youtu.be/cV23He_50HI

-ニュース, 芸能界

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.