ニュース 国内

関東大震災説もう東京には住めないまだあなた東京に住みますか

更新日:

今日6月24日午前9時11分千葉南部で地震を観測まだ東京に住みますか

関東大震災から97年経過しました(関東大震災1923年大正12年)今日千葉南部で地震を観測したのです、震源の深さはマグニチュードは5.5と推定されます。

是は何を意味するのか関東大震災から97年経過したが関東大震災の再来は必ず起きるマグマは成長している最早関東地方の東京都には絶対住めない、怖い話です1923年大正12年の東京都と現在の東京都は完全に様変わりしました。

高層ビルや高層マンションが建ち並ぶ東京都建築局は高層建築物に耐震基準を基本とし建築基準法に従い各ゼネコン各社が建築に従事しているが果たして東京大震災(1023年)に耐えられるか誰も解らないのが現実なのです。

机の上で計算ではとてもあてにならないのです、先日も耐震のメーカーで後期優先で耐震の部品が使用されていたが今盛んに取替ているとか、その部品は東京スカイツリーにも使われているのです。

大正12年の関東大震災と今関東大震災が東京を襲うとリスクは現在社会の東京都が上回るのは当然だ、何しに高層ビルと高層マンション更に高速道路や新幹線など大正12年とは東京都は完全に様変わりしたのです。

絶対的な問題は人口です東京一極集中で人口が溢れているのです、もう東京都には住めない、必ず関東大震災は再来する97年経過した関東大震災既に秒読みに突入のですマグマは成長した後は何時揺れるかが問題です。

地震予知は不可能気象庁にも解らない地震予知

地震は予知ができない要だ、今まで地震は突然と地表面を揺らす、すなわち予測不能なのです。

日本列島は地震国です敢えて予測するには過去のデーターを調べる事が大事と言われる過去のデータから予測すると97年経過した関東大震災の再来は疑う予知が有りません。

「まだ東京都に住みますか」今日の千葉南部の振動4震源の深さは60kマグニチュードは5,5東京都にも影響を与えられたのです、この今日の地震は関東大震災の予知の要な気がしてならないのです。

富士山の異常

富士山の異常と関東大震災の因果関係は避けられないと言われるのです、島村英紀特任教授が「あくまで推測」との前提を付けながらも富士山噴火の可能性を示唆しているのです。

理由としてマグマ増加による山体膨張が1985年以降加速していること、富士山の真下で低周波地震がずっと観測されていることが挙げられているが、島村特任教授は富士山の噴火の可能性を示唆しているのです。

しかも富士山の噴火を予想する科学者は多くいるのです。

まとめ

随分と恐ろしい文章を書きましたが、関東で地震が起きれば大正12年の関東大震災と連想するのです。

必ずしも即は関東大震災は来ないでも何時かは必ず関東大震災は来るのです、もう東京都には住めません東京スカイツリーが転倒する光景が見えます。

関東大震災が東京都を襲うシミュレーションは東京都は掴んでいるのですが完全には発信しません民間企業は動いています東京本社を地方都市に「あなたはまだ東京に住みますか」。

-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.