ニュース 芸能界

「松本人志動きます」は早すぎるた吉本興業は混乱する

更新日:

宮迫博之と田村亮の記者会見は世間を同調させたかに思えたが、本質は彼らの闇営業は金銭を反社会的勢力詐欺グループの忘年会の主席から始まった事件だっのです。

宮迫博之も田村亮も噓をつき金銭を受けていないとコメントしたのです、当然の如く吉本興業は宮迫博之や田村亮を謹慎処分を下したのです、先の見ない宮迫博之や田村亮は速く記者会見で謝罪会見したいと思い吉本興業の大崎会長に謝罪会見をしたいと申し入れたのです。

それは認められず宮迫博之と田村亮は二人で記者会見をしたのです、記者会見は世間が大きく同情したかに思えたかに見えたのですがダウンタウン松本人志が登場したのです、言葉は「松本人志動きます」でしたこの動きは早過ぎた要だ、失敗した要です。

「松本人志動きます」は勇み足

即断即決に大崎会長の記者会見から始まった、この記者会見は世間の誰もが評価しなかった、5時間に近い記者会見は全く解らない記者会見でした。

吉本興業の記者会見は失敗だった、先ず冒頭部分は闇営業をした宮迫博之と田村亮に契約解消とお詫びから始まった「松本人志動きます」は宮迫博之と田村亮の救済措置だった要だ。

世間を見方に付けると松本人志は思った要だ、すなわち宮迫博之と田村亮の記者会見は大成功だっのです、芸人に仲間たち及びフアンも吉本興業はけしからん速く記者会見をさせるべきと言う世界世論が見方したのです。

松本人志僕の部署を作ってくれ

松本人志は僕の部署を作ってくれと吉本興業に嘆願した「やらかし」芸人を救済する為と言う松本人志と言えども吉本興業の芸人で有る吉本興業は芸人はファミリーと言うが吉本興業は一部の芸人がファミリーで有る要だ。

大崎会長世代のダウンタウンは確かファミリーの要だ、しかしながら若手芸人は果たしてファミリーなのか疑問だ。

会長・社長・副社長世代が牛耳っている吉本興業は若者芸人はファミリーに非ずなのだ、松本人志の部署は芸人の域を超えている「やらかし」芸人を救済とはおかしな部署だ吉本興業の会社で作るべきだ。

宮迫博之と田村亮の記者会見は一般社会ではあり得ない

吉本興業にも考えは有る闇営業で金銭を受け嘘つきを露呈された二人の芸人が謝りたいと言うのを吉本興業は時期早々と自粛させた「悪いと思う子供が謝るファミリーならば止めないこれがファミリー」と述べたのです。

確かに理屈であると思うが大人の二人だ闇営業で詐欺グループの忘年会で金銭を受けた罪は大きい、記者会見で謝れば済む問題はあまりにも世間離れしている可哀想とは思うが影ではお年寄りが、人生の虎の子の生活費を奪われたのです。

詐欺グループの忘年会を知ってか知らないかは解らないが一般社会に置いてはあり得ないのです、テレビ出演する大人の芸人がいとも簡単に嘘いたのは事実だ「謝りたい」のは早期解決を望む行為に思えてならない。

謝る方法は沢山あるのだが宮迫博之と田村亮は吉本興業に先駆けて記者会見をした世間は吉本興業が悪と騒いだそこで「松本人志動きます」が飛び出たのです。

加藤浩次の乱

加藤浩次は「松本人志動きます」とは大きく見解は異なる吉本興業の体質の改革を求めたのです、会長や社長の辞職を求めテレビ出演で告知したのです。

会長や社長は恥ずかしいこの要な社長の下にいるのが恥ずかしいと辞めると言う「松本人志動きます」とは完全に違う、松本人志の動きは社長の記者会見を促した。

この記者会見は大失敗だった正に吉本興業の闇を世間にさらしたマスメディアとは噛み合わない答弁は笑うしかない記者会見だった、成功記者会見の声も聞こえるがどこが成功記者会見なのだろうか。

あえて言えば宮迫博之と田村亮の罪を問わない一部だ、がこれが記者会見成功と言えば「松本人志動きます」の成功なのです、これにより宮迫博之と田村亮は救われたが闇営業で金銭を受けた罪は消えないのです。

まとめ

宮迫博之と田村亮は「松本人志動きます」で救われた芸人引退はなくなった、しかももう一度やり直してくださいの吉本興業の対応には松本人志の吉本興業での存在感を知らしめた。

同時に吉本興業の芸人は意見が対立した果たして「松本人志動きます」は正しい選択視だったのか疑問だ、もう少し待つべきと思えてならないのです。

Sponsored Link



-ニュース, 芸能界

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.