ニュース 世界

WPO世界貿易機関ジュネーブ理事会韓国エース空振り三振

更新日:

世界貿易機関の一般理事会が24日終わりました「日本は徴用工問題で半導体輸出規制している」と言いましを批判しました、韓国のエースは産業通商資源省の金勝鎬(キム・スンホ)です。

口八丁手八丁のエースはあくまでも日本の韓輸出管理の厳格化は徴用工問題をめぐり、外交で優位に立つための戦略計画だと国際世論を見方に付ける戦略をとりアメリカにも再々と渡り韓国の正当性を促していました。

国際世論は「日韓の問題であり、わが国は口出しはしない」韓国の「日本はWTOルール違反」との韓国の訴えに同調する勢力はなかったのです、韓国のエースは完全に空振りに終わりました。

韓国の今後はWPO起訴

世界貿易機関WONの理事会で韓国の支持を得られなかった韓国は黙っていない要です、次はいよいよWPOに日本が半導体輸出規制していると起訴するのです。

その前には韓国は日本との二国間での協議を望むと思われますが日本政府は協議は致しません、確認でと考えられます。

今迄は韓国の協議には同調していましたが韓国はもはやこれまで、日本は韓国を見放したのです従って韓国との協議はあり得ないのです、韓国との確認はいたします。確認と協議は大きく事なのです。

半導体輸出規制の意味

韓国経済を支えているのは半導体企業です特にサムスン電子や自動車産業更に造船産業が韓国経済を支えているのです。

韓国が恐れるのは日本の経済制裁です半導体輸出規制は韓国経済の60%以下と言われています、韓国が恐いのは日本の更なる経済制裁なのです。

日本政府は知っています外務省経済局は韓国経済の弱いところをです。後40%の経済制裁はいつ発動されるのでしょうか、韓国はなすすべが有りません、有れば東京五輪不参加などの対抗しか見えないのです五輪不参加は大いに期待いたします。

最早それまでの韓国が不買運動

半導体輸出規制に韓国は日本製品の不買運動をしています、不買運動と不購入とは大きく違います不買運動は販売代理店が日本製品を売らないのです。

これも空振り三振不買運動は何を意味する日本の優れた製品を買わないのです、それは韓国製品も買わないのです、不買運動何時かは終わると思う韓国人は不買運動の終わりを待ち望んでいるのです。

さらに不買運動を撮影しているカメラは日本製品なのです馬鹿馬鹿しい話ですがこれが韓国人です、不買運動で売れないビールを政府高官は飲んでいるのです「日本のビールは美味い」そう言いながらも。

おわりに

韓国経済は日本の協力なしではあり得ないのです、日本の失敗はいつも韓国の協議に応じてきたのです最早これまでミルクをやればパンと言う韓国には日本政府は怒りの限界です。

民間企業の財産を売り飛ばす「徴用工問題」正当な裁判なのか馬鹿馬鹿しい政府主導の裁判なのです。日韓が仲良くするには韓国人は反日教育を辞める勇気を持つ事なのです奇跡は日本経済なしには起こらないのです。

-ニュース, 世界

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.