ニュース 芸能界

「松本人志動きます」が大滑り吉本興業大ピンチ

更新日:

ダウンタウンの大成功と軌を一にするように元マネジャーたちは会社で出世を遂げたのです。

ところが今回の宮迫博之や田村亮の闇営業事件は吉本興業の根底を揺るがしたのです、加藤浩次は「松本人志動きます」とは大きく見解が異なる吉本興業の体質の改革を求めたのです。

会長や社長の辞職を求めテレビ出演で告知したのです。「会長や社長は恥ずかしいこの要な社長の下にいるのが恥ずかしい」と辞めると言う「松本人志動きます」とは完全に違う路線を選択したのです。

この加藤浩次の言葉は松本人志を批判する言葉でも有ると観えるのです、何故なら大崎会長世代のダウンタウンが吉本興業を牛耳っているのです。

加藤浩次の性格から面白いはずは有りません、これをマスメディアは加藤の乱と名付けてました、今又宮迫博之に謹慎処分を出しました吉本興業のトップはブレルています。

吉本興業を再生するにはさんま

「プロ根性で乗り越えましょう」と大滑りした松本人志は経営陣寄りにもとれるツイートで炎上し、宮迫や田村亮更に加藤浩次の距離感は変わってしまった。

もう松本人志では事態を収拾できない状況で、社長の実力不足も明らかに大滑り記者会見を見れば見るほどだ。残る救世主は明石家さんましかいないと業界内ではもっぱらの噂です。

さんまは吉本でテレビ局に最も影響力のあるタレントで、吉本の専属芸人ではなく業務提携の関係にあり、会社との立場は対等なのです、要するにさんまは吉本興業の芸人ではないのです。

そして一度決めたら撤回なんてあり得ず、考え方のブレない芸人です、吉本興業の重鎮です。もしもさんまが吉本から完全独立し、宮迫、亮、加藤を迎え入れ、吉本を二分する芸能事務所になれば、お笑い界は大きく変わると思います。

そんな時に吉本残留か、移籍か、自由で選択できることこそが本来の芸人の世界ではないでしょうか、今の吉本興業では誰もダウンタウンには届きません、多くの芸人が思っているようです。

まとめ

宮迫博之と田村亮の記者会見は世間は観ました、彼ら二人の芸人は嘘を謝り涙の記者会見は好印象を世間に与えました、たが本質は彼らの闇営業は金銭を反社会的勢力詐欺グループの忘年会の主席から始まった事件だっのです。

ともあれこの記者会見は宮迫博之と田村亮世間に好印象を与えたかに観えた「ファミリーならば子供が過ちを犯し謝罪を止める親はいない」の言葉は吉本興業は悪に回ったのです。

そこでカッコイイ「松本人志動きます」のスイーツにフアンは「さすがに松ちゃん」と絶賛したのです。

これが大滑りするとは誰も予想しなかった、ところが岡本昭彦社長の記者会見は宮迫博之と田村亮えの謝罪から始まった、この記者会見は見事に大滑り5時間近い記者会見は何も解らない記者会見でした。

当然の如くこの記者会見を即断即決に促したのは「松本人志動きます」が全てだっのです。

この記者会見大滑りを松本人志は「プロ根性で乗り越えましょう」とコメントしたのです、元々岡本社長はダウンタウンのマネージャーでした松本人志の意見は完璧に実行する岡本社長は予想もしない吉本興業の多くの芸人は反感を抱いたのです。

-ニュース, 芸能界

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.