ニュース 国内

慰霊碑「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」が悲し過ぎる

投稿日:

広島は6日被爆74年「原爆の日」を迎えました。慰霊碑の石碑全面に刻まれた言葉を読むと「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」と刻まれてるのです。原爆を投下で亡くなった人に対する慰霊の意味なのか余りにも悲し過ぎる慰霊碑です、慰霊碑に刻まれた言葉は日本人により刻まれた言葉と思われます。

原爆投下は無差別攻撃と人体実験

アメリカは原爆投下は戦争を早期終戦の為と言っていました、アメリカ国民は多くは疑念を抱かないでいたのです、史上初の核攻撃をしたアメリカに戦後74年「原爆の日」を迎えアメリカの主張は正しいのか、戦後の早期終戦の為と言う無差別な攻撃を理解できるのか問いたい。

歴史は変れないアメリカの主張は絶対的に誤っていた、原爆投下は如何なる理由が有るとしても許されない。何故なら無差別攻撃であり人体実験だっのです。その犠牲者は計り知れないのです。アメリカの主張は完全に誤っている現在のアメリカ国民若者層達が言っているのです、戦後生まれのアメリカ人も多くなりました。

8月6日広島駅は海外旅行者で溢れている

広島の原爆資料館に訪れたアメリカ人は「なんとアメリカ人は誤った判断をした」と悲しむ人が多いと言う。慰霊碑を見つめるアメリカ人は何を思うのかただ慰霊碑に黙とうをしているのです、その中で広島市長の平和宣言が悲しい戦没者30万8.725人今日広島は「原爆の日」を迎えた。

市長の松井一実(かずみ)市長が「平和宣言」を読み上げた。7月に国連で採択された核兵器禁止条約に触れ、日本政府に「日本が参加していない核兵器禁止条約への署名・批准を政府に促し、戦争で核兵器を使用された経験がある唯一の国として核廃絶へ一層の指導力を発揮するよう求めた」

世界初の被爆国日本が核兵器禁止条約に核保有国と共に。条約をボイコットしたのです。広島の慰霊碑の「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」はなんなのか。アメリカの核の傘の下に居る日本では有るが。怖がっている場面ではない。堂々と核兵器禁止条約には賛成することは大事です。何しに日本は世界で唯一の核兵器被爆国なのです。

他国に遠慮せず核兵器禁止条約に賛成する事は常識です、言う事は言うやる事はやる安倍総理に求めたい、トランプ大統領は核兵器を知らないのです、「核兵器は悪いのか?」この要なコメントをしています核兵器の怖さを理解していないのです、もちろん慰霊碑に刻まれた言葉は知らない大統領です、安倍総理のゴルフ外交も悪いとは思いませんが核兵器の怖さもトランプ大統領に教えるのも意味有る事です。

例年の如く慰霊碑にいる総理

安倍晋三首相は6日例年通り、広島市で行われた平和記念式典に出席した後、被爆者団体の代表者らと面会したのです、被爆者らは、唯一の戦争被爆国・日本が核兵器の保有や使用を禁じた核兵器禁止条約に加わって核廃絶を主導するよう要請したのですが首相は「核保有国と非保有国の橋渡しに努力する」が条約には参加しない方針を重ねて示したのです。被爆者らは「ごまかしだ」と不信感を募らせたのが印象的だったのです。

なぜ我が日本は核兵器禁止条約に賛成するのでしょうかアメリカの核に依存しているからなのか想定敵国がいるからなのか解らないのが核が戦争抑止力に有るのは事実の要です、しかしながら慰霊碑に刻まれた「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」が悲し過ぎるのです核廃絶に世界は努力しなければならない「核保有国と非保有国の橋渡しに努力する」の安倍総理の言葉は消極的に思えてならない。

まとめ

日本政府が被爆国として核廃絶に積極的に取り組む姿勢を示さない中、米ロの中距離核戦力(INF)廃棄条約が失効し、米中ロによる核軍拡競争の懸念が強まっているのです過去のアメリカとソ連の冷戦時代を超える殺伐とした国々は、もはやかけがえのない地球を破壊する勢いだ党首のエゴイズムと支配欲が地球を破壊に導くのです日本人は核保有国と非核保有国との橋渡しに本気で取り組むべきだ世界で唯一の核兵器被爆国なのだから

-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.