ニュース 芸能界

ネプチューン・名倉がうつ病を告白した訳は大いに理解できる2ヶ月復帰宣言は駄目

投稿日:

名倉がうつ病を告白したのは「私はうつ病です」と宣言する事で自身の心の逃げ道に成るのです、「うつ病」「神経症」「パニック障害」などは真面目な性格の人物が多くかかる病と言われています。

これらの病気は神経内科に委ねるのが最良と言わざるが「逃げ道」を造るのが良いと言われています、名倉のうつ病の告白も一つの逃げ道なのと理解しています。

うつ病患者は膨大な人数

ストレス社会に生きる日本人は多くかかるのが「うつ病」「神経症」「パニック障害」だろう問題は自ら死亡を選択することだと思います、これだけは避けなければならない、自ら「うつ病」と自覚しているネプチューン・名倉は大丈夫と思います。

先ず逃げ道で有る告白をしたことです「うつ病」には自覚症状が出る、喉が乾く、肩がコル等の自覚症状です、何時治るを繰り返し思うのがいけない、逃げ道を造ると知らない内に完治する、精神疾患の本を読みあさる時期も有るが「うつ病」「神経症」「パニック障害」は最終的には戦う事は皆無です、とにかく逃げるが勝ちなのです。

名倉の2ヶ月復帰宣言は駄目

「うつ病」告白は良いが完治2ヶ月に宣言は駄目です、何故なら1ヶ月経過し完治しないと焦りだすのは明白です、更に1ヶ月半も時間が経過すれば更に焦るのです。

自ら「逃げ道」をふさいでしまうのです復帰期限が迫ってくると以前より悪化する。普通のサラリーマン社会でも来月復帰することを前提に業務の割振人員としてカウントする、そうやって本人が追い込まれていくのです。

逃げ道とは何か

簡単に逃げ道は逃げること、自身が没頭する事を見つける、「見つかるまで逃げ道を探す」絶対的に逃げ道を探す挑戦をすることだ、大恥をかいて完治する人物も居るのです、大恥が「逃げ道」なのです。

病は苦しむ、だが痛みが伴う病ほど苦しみは有りません、痛み止めもいい加減に効かない時間がくるのです、その要に思えば「うつ病」は優しい病と考えるべきである。

徹夜麻雀で完治したのはこの記事を書いている人です、とにかく徹夜麻雀更に没頭して完治したのです、人それぞれですが麻雀は争いです仲間は大事ですが負けるのは嫌です麻雀が逃げ道に成ったのです。

家族や廻りが気を使う

「うつ病」はとかく廻りが気を使うのです「頑張りなさい」は禁句と言われていますが近代の「うつ病」は「頑張れ」も良いと聞きます、あまりにも気を使うのは大人の「うつ病」は多少の「頑張れ」も良いと聞きます(自己判断)やたらと気使いは「うつ病」患者は悲しくなるのです。

まとめ

ネプチューン・名倉のうつ病告白から学ぶのは告白した事です「うつ病」の逃げ道です、「うつ病」はとにかく逃げる逃げ回ってしまう、色々な逃げ道は有ります、そして心療内科に診察を受ける事です。

診察も隠し事の無い要に全てを吐き出す事が大事です、医師も診断の方法が早く解るのです、医師からは逃げてはいけません。名倉の期間の復帰はまずいと思います。

Sponsored Link



-ニュース, 芸能界

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.