ニュース 国内

小泉進次郎議員との生き別れた宮本佳代子が語った過去が悲し過ぎる

更新日:

宮本佳代子さん

小泉進次郎と幸太郎を語る宮本佳代子さんは1978年小泉純一郎とお見合で結婚された言う。そして今俳優の小泉孝太郎と衆議院議員の小泉進次郎を出産をしたのだが、結婚生活は5年もせずに離婚したのです。

息子2人を残して小泉家を去ったのです、しかも当時は妊娠6か月だった三男の宮本佳長(よしなが)さんがお腹の中にいたのです、なぜ宮本佳代子は過去を語るのか、自分が還暦(2016)を迎えたのを機に重い口を開いたと言われています。

インタビューでは、「生き別れ」状態が続いてきた2人の息子幸太郎と進次郎に対する思い「マイナスからの人生」としてスタートした離婚後33年間の歩みを振り返っているのです、妊娠6か月で離婚「胎教としては最悪な状況」で出産したことなどがインタビューに掲載されたのです。

「いきいき」に佳代子さん特集

「いきいき」は書店では買えない直販制です、日本雑誌協会によると、部数は21万部を超えを販売している、2016年4月号が3月5日頃に読者に届き始め、佳代子さんの特集は6ページにわたって掲載されているのです。

佳代子さんは大学4年生だった1977年に純一郎氏とお見合いしました、すでに純一郎氏は衆院議員に当選しており、78年に結婚してからは2回の選挙を経験をしたと記載されている。

佳代子さんが27歳だった82年に離婚。翌年83に最悪な状況の中で佳長さんを出産した当時を「いちばん辛く悲しい時期で、一生分ぐらいの涙を流した気がします」と振り返っていられます。

三井不動産のグループ会社に入社は出産から約半年

1か月間の猛勉強で宅地建物取引主任者に一発合格し、不動産業界でキャリアを積み重ねてきた佳代子さんは「父親が有名でも、あなたとは関係ない、あなたの母は一サラリーマン。勘違いしないで生きていきなさい」と佳長さんに言い聞かせながら子育てをしたと述べている。

又俳優の孝太郎さんが一番母親似とか佳代子さんによると、佳長さんが目が細くていちばん父親似で、孝太郎さんいちばん母親似は目が大きいところ、進次郎さんはちょうど中間の顔だという。

現実は逢えない二人の息子

インタビューでは、「生き別れ」になっている孝太郎さんと、進次郎さんの性格やエピソードは語られていないが、2人のメディア露出が増えたことから「今では、毎日会っているような気がします」と話している。

佳代子さんは人一倍沢山の涙を流したから、人の痛みがわかる人間になれたと思います人は生きている限り進化できるのではないでしょうか」と振り返っておられるのです。

宮本さんは2015年、講演で自らの人生を語り始め、女性セブン3月17日号でも内容の一部が紹介されるなど、注目が集まりました。

単独取材に応じるのは今回が初めてでJ-CASTが「いきいき」編集部にインタビューが実現した経緯を取材すると、編集長が10年以上前に宮本さんと知り合い、インタビューを依頼してきましたが断られ続けてきましたが やはり人生の節目を還暦を期に語られた要です。

まとめ

60歳になられたことをきっかけに心境の変化がお有りだったようで、「何とかお引き受けいただいた次第です」とコメントされています、佳代子さんは必ずしもメディアの取材には乗り気ではなかったようですが「いきいき」の強い説得に応じてインタビューに応じた要です。

宮本佳代子さんの「いきいき」特集はは2016年3月に記載されたものです約3年前ですが、小泉孝太郎が母親と三男の結婚式で再会されています、今又小泉進次郎と滝川クリスタルの結婚で宮本佳代子さんが話題になっているのです。

-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.