スポーツ マラソン

MGCイチオシ女子マラソン鈴木亜由子選手日本郵政

更新日:

いよいよMGC2020年東京五輪女子マラソンの代表選考レース通称MGCが2019年9月15日9時10分スタートします、女子マラソンのエントリー選手は12名が正に人生を賭けて走るのです。

どうしても北海道マラソンでMGC出場権を得た鈴木亜由子選手がイチオシの要です、記録は2時間28分32秒と出場者の中では最下位のタイムなのですが鈴木亜由子選手の勝負強さは見逃さないのです。

ちなみに37回大阪国際マラソン3位で出場権を得た安藤友香選手(所属ワコール)が自己ベスト:2:21:36出演者では最高のタイムを持っていますが勝負強さは北海道マラソンで1位で出場権を得た鈴木亜由子選手をイチオシと見ていますがいかがでしょうか。

MGCマラソングランドチャンピオンシップ

2017年8月1日〜2019年4月30日までに開催された国際陸上競技連盟が世界記録を公認する競技会において、条件を満たした競技者の12名が「MGC」に出場します。

更にMGCのレースにて、優勝すると、東京オリンピック代表に内定。さらに2位、3位のうち「MGC派遣設定記録」を突破した最上位者が代表に内定します。

突破者がいない場合は、2位の選手が自動的に代表に内定します、人生を賭けて走る選手達を見逃せません。

鈴木亜由子選手がイチオシの理由

走る姿が力強いのです、2019全国都道府県対抗女子駅伝で見せた鈴木亜由子選手の快走です9区最終最長のアンカー区間に入ると、各チームのエース級のランナーたちの素晴らしい快走が光りました。

1位京都の一山麻緒選手(ワコール)を2位愛知・鈴木亜由子選手がとらえトップ並走したのです。前の選手を追う走りが凄いのです、6キロ付近まで並走が続いたのです。

愛知の最終ランナーの鈴木亜由子選手が突然ペースアップし、京都の一山麻緒選手(ワコール)を引き離しペースをあげていくとそのまま突き放すかたちで愛知のタスキをそのままトップでゴールしたのです。

鈴木亜由子選手は怪我が多く苦労続きだった要ですが今一番ノリノリの女子マラソンの選手と見えるのです。

まとめ

MGC女子マラソンに12人がエントリーします、凄い実績を持つ選手達です、中でも鈴木亜由子選手がイチオシなのですが、その日の調子や気候が影響します、素晴らしい選手達が2019年9月15日9時10分にスタートします放送はNAKと言われています、尚男子は8時50分スタート、放送は男子と女子は違うとのことです。男子は又有望な選手を探す予定です。

今年の北海道マラソンで初めてマラソンにチャレンジし、2時間28分32秒をマークして優勝を飾るとともに、MGCファイナリストに名前を連ねた鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)

-スポーツ, マラソン

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.