スポーツ マラソン

2020年北九州マラソン2.16:9時スタート抽選倍率2,11結果10上句発表

更新日:

解説者 増田 明美

1964年1月生、千葉県いすみ市出身。成田高校在学中、長距離種目で次々に日本記録を樹立した女子マラソンのレジェンドで女瀬古と呼ばれました、増田明美の解説は面白いのです、選手の実話や私生活などを紹介します。

よく取材されています、更に増田明美は1984年のロス五輪に出場。1992年に引退するまでの13年間に日本最高記録12回、世界最高記録2回更新という記録を残す、2001年から10年間も文部科学省中央教育審議会委員を務めています。

全国高等学校体育連盟理事、日本陸上競技連盟評議員、日本障がい者スポーツ協会評議員、笹川スポーツ財団理事。スポーツジャーナリスト・大阪芸術大学教授です当日はランナーの応援などで大会を盛り上げる事でしょうね。

解説者 宗 茂

1953 年1月生、大分県臼杵市出身,双子の弟の宗猛と共に中学校時代より陸上競技を始める。佐伯豊南高校卒業とともに1971 年、旭化成陸上部に入部。1973年3月、延岡西日本マラソンで初マラソンを走り優勝しました。

1976年のモントリオールからモスクワ、ロサンゼルスと三大会連続でオリンピック陸上競技マラソン日本代表に選出されましょう、兄弟で多くの国際大会に出場し、輝かしい成績をしています。

現役引退後は旭化成陸上部監督に就任し、谷口浩美選手、宮原美佐子選手、森下広一選手など数々のアスリートを育て、オリンピックに送り出した実績の選手でした。

思い出は宋兄弟と当時早稲田大学の瀬古利彦との勝負が思い出されます、当日は宋茂はランナーの応援などで大会を盛り上げるでしょうね。

フルマラソン出場選手

特別招待選手(マラソン)森野 麻美1989年9月生、長野県出身。松商学園高校、日本大学を卒業後、ユタカ技研に入社。12年間、競技生活を送った後もランニングを継続。現在は、ランニングアドバイザーとして、多くのランナーに「走ることの楽しさ」を伝えています。

2017年は、月刊「ランナーズ」で表紙モデルとしても活躍。「北九州マラソン2019」では、自己ベストとなる2時間49分51秒で見事優勝しました。

川内 鮮輝

1990年11月生、埼玉県久喜市出身。 Jaybird所属。マラソン川内三兄弟の次男で兄・優輝はプロランナー、弟・鴻輝はプロランナーで久喜市議会議員。國學院大學4年時に出場したサンスポ古河はなももマラソンにて、初マラソン初優勝を飾り、2016年よりプロランナーに転向しました。

隠岐の島ウルトラマラソン100kmの部で2連覇を達成、2018年にはサロマ湖100kmウルトラマラソンで自己記録を更新し5位になるなどウルトラランナーとして挑戦を続けているのです、まさかプロランナーで市会議員とは凄いですね。

川内 鴻輝

1992年9月生、埼玉県久喜市出身。MEDIFOAM AC所属。マラソン川内三兄弟の三男で長兄・優輝はプロランナー、次兄・鮮輝はプロウルトラランナーです。


高崎経済大学在学中から14回のフルマラソンに挑戦し、グアムインターナショナルマラソンや田沢湖マラソン等で優勝。カンボジアで開催されたアンコールエンパイアマラソンでは、カンボジア国内最高記録を樹立しました。

現在は、「ノマドランナー」としてプロランナー、会社経営、久喜市議会議員として活動。市民マラソンの普及啓蒙と地元久喜市のマラソンによる地域活性化を目指しています、会社経営とは社長ですね。凄い兄弟ですね。

川内 侑子

1985年5月生、岐阜県出身。高山陸上競技協会所属。夫であるプロランナーの川内優輝と共にランナーとして活躍している。三重大学3年次に出場した日本学生女子ハーフマラソン選手権で優勝しました今はママさんランアーです。

大学卒業後は実業団のデンソーに10年間所属。2013年~2015年の全日本実業団女子駅伝では、チームの3連覇に貢献した。2019年3月にフリーのランナーに 転身。バンクーバーマラソン優勝などの実績を残しています。

ゲストランナーはメダリスト君原健二

1941年3月生、北九州市出身。北九州市スポーツ大使、メキシコ五輪男子マラソン銀メダリスト。

1959年福岡県立戸畑中央高校卒業後、八幡製鐵に入社し1991年まで勤務、東京、メキシコ、ミュンヘンと五輪3大会連続出場しました。

32歳で競技の第一線を退いたが、これまでに70回以上のマラソン大会に出場し、途中棄権はないのです凄いレジェンドマラソン選手です。

優勝者が50年後に招待される2016年のボストンマラソンに出場し、見事に完走を果たした。現役引退後は、自己の競技生活やエピソードをテーマに、全国各地での講演活動を続けています君原健二の首を斜めにしたラストランが忘れられないですね。

紗綾

紗綾(マラソン)1993年11月生、北九州市出身。多数の写真集・映画やTVなどで女優として活躍しています。2011年から「北九州観光大使」としても活動し、北九州市PR動画「来た急に、恋」にも出演する。ChampionCPFU芸能人最速チームに加入し、2019年5月にホノルル駅伝に出場。「北九州マラソン2019」では、初のフルマラソン挑戦ながら見事完走を果たす。今回もフルマラソンに挑戦します完走を期待しています。

上記の他、地元実業団(安川電機、黒崎播磨)より、現役選手が参加予定です。
(選手・種目は未定)

大会要項https://kitakyushu-marathon.jp/about/

-スポーツ, マラソン

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.