ニュース 国内

ビビットで放送された結愛ちゃんが改め可哀想過ぎる守るのは社会全体

投稿日:

もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりもっと もっと あしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします ほんとうにもうおなじことはしません ゆるして きのう ぜんぜんできてなかったこと これまでまいにちやってきたことを なおします これまでどれだけ あほみたいにあそんでいたか あそぶって あほみたいなこと やめるので もうぜったい ぜったいやらないからね ぜったいぜったいやくそくします。

事件は起きた残った結愛ちゃんを守れなかった

東京都目黒区で虐待を受けたとされる船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)のノートですが3月に結愛ちゃん天国に旅立ちました。

なぜこの要な事件が起こるのか、この社会は何処か病んでいるのではないでしょうか、警視庁は6日、すでに傷害罪で起訴されている父親の無職船戸雄大容疑者(33)を、保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者(25)も同容疑で新たに逮捕したと同日発表しましたが結愛ちゃん(5歳)はこの世に存在していないのです。

「しつけ」の名を借りる親の暴力は凄まじい勢いで増えている事実私達は如何に対処するべきか考え時期で有ると思うのです、余りにも多いい児童の虐待に知らない顔はもうできません。

児童の虐待は解るはずです、子供達を守るのは大人社会の指名と考えます、見つけることが大事です、二度とト結愛ちゃんの要な子供を出さない為に何かできるはずです。

保育所は本来、児童福祉法に基づく福祉施設であるため、子どもを養護する役割を担っており、虐待から守るための入所は優先される。

例えば親が育児でうつになった場合などでも、緊急的な措置として保育所に子どもを預けられるよう配慮される。

今や、虐待防止のためにも子どもを保育施設に預けてリフレッシュを促すことは一般的になっている。2015年度から始まった「子ども子育て支援制度」では、保育の要件も変わった。

従来は、フルタイムの就労がメインだったが、新たにパートタイム、夜間、居宅内の労働、求職活動(起業準備を含む)、就学、育休中で既に保育を利用している子がいて継続利用が必要なことが加わったほか、『虐待やDVのおそれがある』ことも保育を受ける際の認定基準とされた。

これにより、虐待やDV状態であることが明確でなくても、そして保護者の就労を前提にしなくても、保護者が育児について困難さを感じていれば保育所に預けることができることが明示されたのだ。

厚労省によるガイドライン「保育所保育指針」では、保護者支援について明記されており、「保護者との信頼関係を築きながら保育を進めるとともに、保護者からの相談に応じ、保護者への支援に努めていくこと」とされている。

だが、保育の現場には課題も多い。親子を守るはずの保育所が、親支援を上から目線の“親教育”とはき違え、親に対して「延長保育は利用しないで」「土曜は預けるな」「育児短時間勤務をとったほうがいい」と、すべて「子どものために」ともっともらしく言って迫るなど、逆に親を追い詰めているケースも散見される。

新制度の下で保育所が担う役割が変わったことを現場に周知徹底する必要がある。育児が辛くて預けた保護者にとって、「ご家庭で」を強要されることが起因して、かえって育児放棄や虐待につながるケースもある。

保育所問題は待機児童にばかり目が行きがちだが、保育所には子どもを守るための保護者支援の役割があるということを忘れてはならない。保育所側が必要以上に保育時間などを厳格に管理すれば、保護者を追い込み、かえって虐待や育児放棄に向かわせてしまう危険性もある。保育所で働く側もこのことを改めて認識する必要がある。

改正虐待防止法 成立 「親の体罰禁止」「児相介入強化」まとめ

児童の虐待を守る法律は整備されました、疑いが有る親には絶対に合わせてはいけませんこれは一生合わせてないとも思います虐待をする親に資格は有りません子供の幸を思うならば合わせてはいけないを、意味します子供を守る為には仕方ないのです。

更に親も病んでいるのです、両面から社会は対応しなければなりません、見つければ通報する児童相談所でも警察でもとにかく行動をすることが幼い子供を守るのです。最後までご拝読ありがとうございます。

-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.