ニュース 国内

10年間議員実績ゼロの至って珍しい小泉進次郎の初仕事が育児休業

更新日:

百田尚樹さんが小泉進次郎さんを批判した「議員立法ゼロ、質問ゼロ、質問主意書ゼロでは、何もしていないのと同じ!」「進次郎は選挙の客寄せパンダしかイメージがない」

記憶に新しい百田氏の進次郎の批判だがどうやら令和の進次郎の初仕事が有るそうです、デキ婚で滝川クリステルと結婚した進次郎は国会議会の仕事どころではない要です、育児休暇に名を借りた長期休業です。

父・純一郎が政界引退した後を受け継いで「親の七光り」で2009年に国会議員となって以来、現在までの10年間一度も仕事をしていない超珍しい政治家である、この要な政治家を「トリプルゼロ」の議員と呼ぶ。

つまり給料をもらいながら、果たすべき仕事を放棄したサボリ議員と言う意味だ。だが小泉進次郎はやる気満々だ育児休業の国会議員1号に名を挙げそうなのだ。

育児休業に永田町では「賛否両論」

賛否両論には反対多数男性国会議員が多いい要です、育児休暇については宮崎謙介元議員が提唱し、自民党の男性議員で勉強会が作られましたが、宮崎氏の不倫騒動が持ち上がって議員辞職しました。

立ち消えになったといういきさつがあります、その勉強会に「トリプルゼロ」の小泉進次郎は主席していなかったのです、なぜ今内閣改造の時期に小泉進次郎は育児休暇を唱えるのか不思議です、小泉進次郎は仕事より滝川クリステルとの時間を優先した要です。

そもそも一般の男性の育休取得率はまだ6%で、まだまだ普及していません。一方で国会議は育児休業を取れる環境に有る要です、小泉進次郎はデキ婚で結婚した滝川クリステルと一緒にいたいだけの話です。

あたかも育児休暇に悩む環境の小泉家では有りません、お手伝いをする家政婦さんが多く居るのです、10年も議員実績のゼロの小泉進次郎が今更初仕事に育児休暇に驚くばかりです。進次郎の議員仕事は客寄せパンダ

小泉進次郎の仕事は選挙応援

口先王子と呼ばれる小泉進次郎はテレビのワイドショーが追っかける、その結果、中身がスカスカの小泉進次郎が将来の総理候補と言われ選挙応援をする、正に客寄せパンダだそのパホーマンスは俳優の兄小泉孝太郎より上手いと思いませんか。

なにしろテレビ番組の芸人の話術を聞くのが仕事と言われているのです、今回の国会での婚約会見は正に小泉進次郎のパホーマンスだ批判は覚悟の上のパホーマンスは滝川クリスタルに対する評価を挙げる他ならない政治家の権限を見せつけたのだろうか、滝川クリステルの過去の一流男性遍歴の誰も出来ないパホーマンスだった要です。

まとめ

10年間議員実績のゼロの小泉進次郎が初仕事をしそうだ育児休暇だ、育児休暇は一般社会に置いては難し問題だ日本では6%しか育児休暇は浸透していないのです。

遂に小泉進次郎の初仕事が育児休暇になった要ですが同行を見つめたいと思います、それにしても宮崎謙介の育児休暇の勉強会に主席しなかった小泉進次郎の初仕事が面白いのです、口先王子と呼ばれる進次郎にいつまで客寄せパンダの役目ができるか見ものです、ご拝読ありがとうございます。

-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.