スポーツ 野球

野球監督は選手と同じユニフォームを着ている決定的証拠!

投稿日:

選手と同じユニフォーム姿の競技を着用したいる競技はサッカーやラグビーその他ほとんどの競技が選手と同じユニフォームを着用していません、なぜ野球監督だけ選手と同じユニフォームを着用している不思議を調査しました。

その監督ユニフォーム姿はベースボールの決定的証拠はベースボールの歴史に有っのです。

ベースボールの誕生に関係

野球は1839年今から約180年前アメリカのニューヨークの近郊のタパーズタウンで誕生したと言われています、その頃は監督もコーチも存在していなかったと言われています。

今で言う監督兼プレイヤーです、そこにはプレイヤーのみでベースボールを楽しんでいたのです、当然選手は皆同じユニフォーム姿でプレーをしていたのですベースボールに上手い人とあまり上手くない選手が出てきたのです。

そこで教える選手が出てきたのです今のコーチ的存在です、コーチ的存在の選手もベースボールをプレイヤーとし楽しくプレーをしていたのですがプレイヤーの人数やコーチ的存在の選手が年をとるとプレイヤーとして活躍ができない要になったのです、代打などで出場する事になったのです。

代打も選出と同じユニフォーム

日本プロ野球でも代打や代走は同じユニフォームで出場しています、野球のベンチは選手やコーチや監督は皆さん同じユニフォーム姿ですこれはアメリカの180年前のプレイヤーが監督或いはコーチ約をしていた名残なのです。

サッカーやラグビーは選手兼任のプレイヤーはいないのです、だから野球の監督はユニフォームを着ているのです。

まとめ

野球の規定では監督がユニフォームを着る規定はない要です、しかし今更プロ野球の監督がスーツ姿で登場したら違和感を感じますよね、すべては野球(ベースボール)の伝統的な事柄から監督は選手と同じユニフォームを着用しているのです。

-スポーツ, 野球

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.