スポーツ 相撲

白鳳負けると休場の繰り返しで掴んだ幕内優勝42回!

更新日:

白鳳が9日朝相撲協会に休場届出提しました、診断書によれば、「右第5中手骨骨折で今後約2週間の加療を要する見込み」初日の北勝富士戦で負傷したのかと思いきや違っていたのです。

単に骨が折れていたことに気付いていなかったという、この要な休場届出書を相撲協会は信じるのか疑問ですが、負けると休場で掴んだ幕内優勝回数42回の白鳳(ムンフバト・ダヴァジャルガル)(WGC)の相撲は如何なものでしょうか。

負ける休む を繰り返す白鳳

大相撲初日白鳳は北勝富士戦で完全に押し倒され完敗した普通の横砂ならば責任を感じ明日から頑張るのが、横砂だが白鳳は指が折れていたと相撲協会にまたまた休場届を提出した。

これで白鳳の休場は昨年から数えて7度目、負け越しが引退につながる横綱は、休場しがちになる傾向がある。いわゆる「白鳳病」なのです。

それが多少ならまだしも、白鳳は横砂としての資質はない要です、念願の日本国籍取得したが、親方になる資格を得た、白鳳の野望は今は優勝回数ではない要の

白鳳の野望

モンゴル人のムンフバト・ダヴァジャルガルが日本国籍を取得した訳は白鳳はモンゴル人で有るが相撲協会理事長を狙いモンゴル人を多く日本の大相撲に入れる野望を持っているのです。

相撲協会の外国人力士枠の撤廃を早くも言葉にしたのです、モンゴルでは国籍を変えるには裏切り者行為とされバッシングを受ける、白鳳は知っていたのです。

大相撲にモンゴル人の若者を入れる為の日本国籍取得ならばモンゴル人は大歓迎なのです。

白鳳杯といわれる白鳳の相撲大会

モンゴル人や中国、韓国の子供が参加している、総勢約570名の子どもたちが相撲の殿堂に大集結したのです、白鳳杯には日本相撲協会はタッチしていないのです。

世界の子供を将来的に大相撲に入れる目的でモンゴル人のムンフバト・ダヴァジャルガルが代表で運営しているのです、特にモンゴル人を多く大相撲に入れる目的なのです。

まとめ

モンゴル人の白鳳(ムンフバト・ダヴァジャルガル)が日本相撲協会を支配する日が来るのです、その為にモンゴル人の白鳳が日本国籍を取得したのです。

白鳳杯は日本相撲協会のルールを変え大相撲の歴史を完全に変える為の相撲です、モンゴル人のフバト・ダヴァジャルガルが大相撲の歴史を変え理事長になる野望を相撲協会は知っているのか知らないのか解らないが。

一部ではモンゴル人の白鳳の行動に心配している要です、がいかがでしょうか。最後までご拝読ありがとうございます。

-スポーツ, 相撲

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.