ニュース 国内

小泉進次郎にサプライズ改造人事入閣の狙い⁉

投稿日:

小泉進次郎の実力を試す狙い人事か、小泉進次郎は滝川クリスタルとデキ婚でした誠政治家としては不謹慎気舞わない、しかも小泉進次郎は滝川クリスタルとの結婚会見を国会議員会館で行われれたのです。

その小泉進次郎がサプライズ人事で初入閣したのです、仕事嫌いな小泉進次郎が初入閣は何を意味するのか小泉進次郎は初仕事は当然の如く子育て育児休暇と思われていたが意地悪な安倍政権は口先王子小泉進次郎を初入閣させた狙いは何なのか解らないが、なんと言う意地悪人事だろうか。

小泉進次郎は10年間なにもしない国会議員と名を伏せた議員なのです、言うなれば仕事は嫌いな人なのです、これこそが二世議員の宿命なのです、口先王子と呼ばれる小泉進次郎は絶対的に内閣改造人事には入らない行動を開始していたのです。

その改造人事に入らない手段は育児休暇でした、誠馬鹿げた育児休暇の取得に世間は知らずか知り尽くしているのか賛否両論を繰り返すしたが意地悪な安倍政権はあえて小泉進次郎を初入閣させたのです。

観える安倍政権の政策、安倍総理は口先王子の父親の小泉純一郎に育てられたと言われている、口先王子と呼ばれる小泉進次郎を評価していないのは当然です何しろ10年間何も議員活動をしない不思議議員と呼ばれた進次郎は正に選挙応援の客寄せパンダでした、その客寄せパンダの役目がいつまで持たない時期に突入したのです。

小泉進次郎の初仕事は育児休暇は難しい

小泉進次郎は滝川クリスタルとデキ婚した世間一般では政治家のデキ婚には呆れるばかりだが小泉進次郎事務所は今のところ温かいコメントを出している、所詮政治家の世界だいつ誰が進次郎に反旗をさらす保証は皆無だ。

まして滝川クリステルは政治応援はしない自身の仕事を続けると言われている、馬鹿げた話しだ選考は戦いだ進次郎は言った「滝川クリステルが選挙応援をすることは無い」凄い言葉だ早く言えば自身過剰な言い方と思われる、選挙応援をする事務所は必ずしらける。

滝川クリステルが幾らのものかと必ず批判は起きるそれが選挙だ、小泉進次郎は選挙民をなめている、口先王子の小泉進次郎は終わったのだ、敢えて安倍総理は小泉進次郎に文絵を踏ませた、しかも政治家の世界の恩義有る父小泉純一郎の顔を立てた人事なのです。

進次郎の馬鹿をさらす人事なのか

安倍政権の怖さを思い知らしめる改造人事だ、サプライズ人事と呼ばれたのが小泉進次郎の初入閣だ仕事嫌いな進次郎はやられたのだ、安倍政権は一石二鳥の人事だ。

取り合えず小泉純一郎の顔を立てた、更に口先王子のサブプライ人事で進次郎を初入閣させたのです、お見事と言える安倍政権の改造人事です、申し分な人事は完璧は布陣だ失敗する議員も予測したいる、客寄せパンダの小泉進次郎の失敗は想定しているのです。

10年間議員の仕事しない進次郎

国会議員なら誰もが知っている進次郎の議員活動や実力を進次郎は10年間何もしない国会議員と有名人になったのです、いつも「雑巾掛け」そういったいた小泉進次郎は仕事嫌いなのです。

攻める野党ならば良いが責められる与党では進次郎は完全にアウトだろう、なにしろ責められた経験が皆無なのです、いい加減な答弁は口先王子と呼ばれる小泉進次郎には国民は納得しない、如何にし国家答弁を小泉進次郎は乗り越えるのかさぞかし難し問題だ、客寄せパンダも終わる要です。

まとめ

自由民主党の改造人事にサプライズ人事と言われる小泉進次郎が登場した、意地悪な安倍政権は小泉純一郎の顔を立てた人事でも有るのです、誠しやかに囁かれる進次郎の子育て休暇を果たして国会議員ができるのか。

進次郎は文絵を踏まされている、安倍政権に近くはなかった進次郎は父小泉純一郎のおかげさまで何とか安倍政権に近づいた、政治家の世界は一寸先は闇と言われる、客寄せパンダや口先王子と呼ばれる小泉進次郎はもはやこれまでアナウンサーを追いかける暇はなさそうですが、とりあえず小泉進次郎はデキ婚でイメージはダウンした。

劣化する滝クリを小泉家族は如何に迎えるのか、悲し過ぎる母宮本佳要代子さんの要に不幸な人生を歩かない滝クリに応援をするばかりですがいかがでしょうか。最後までご拝読ありがとうございます。

-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.