ニュース 国内

 小泉進次郎にネットは苦言ポエム答弁の達人にボロ炸裂

投稿日:

滝クリとデキ婚をした小泉進次郎環境大臣(38)が9月17日、除染廃棄物の最終処分にまつわる質問に誰も解らないポエム答弁をした、このポエム答弁は小泉純一郎が教えた勉強家と言う得意のはぐらかし答弁だったのです。

内容が意図が読めないのは当たり前、進次郎も解っていないのです、ネットでは「何言ってるのかわからない」といった声が上がっている、この問題は確かにデリケートな問題で有る。

小泉進次郎に任せるのでなく政府が一体型し素早く解決を見出す問題と考えます。小泉進次郎の「45年3月までに県外で最終処分をすることは大きな課題」とは待った政治家とし理解できないのです、まさにポエム発言の達人に苦言を言いたい。

福島県に訪問した小泉進次郎大臣

記者の質問は福島第一原発事故で発生した除染廃棄物の処理の最終的な処分の問題だった、小泉進次郎大臣は「45年3月までに県外で最終処分をすることは大きな課題」と述べたのです、更に記者の質問「その最終処分場の検討が進んでいない。現状や見通しについて見解をいただきたい」と問われたのです。

「これは福島県民の皆さんとの約束だと思います」「その約束は守るためにあるものです全力を尽くします」と発言したところ、記者が「具体的にはどうですか」と再び訊ねた。

すると、小泉進次郎は得意のポエム答弁で記者に言い返したのです、「私の中で30年後を考えた時に、30年後の自分は何歳かなと発災直後から考えていました。だからこそ私は健康でいられれば、30年後の約束を守れるかどうかという、そこの節目を見届けることが、私はできる可能性のある政治家だと思います」と切替したのです。

小泉進次郎は突然教育問題をだした

「だからこそ果たせる責任もあると思うので」とポエムな発言を続けた小泉大臣は、同県の「ふたば未来学園」について「その思いがなければ取り組んでいません」と発言。「教育というのは、一過性の支援ではできません」「生徒たちが社会に羽ばたいた後の人生も含めて、責任を負うんだという思いがあるからこそ取り組んできました」

もっともらしいポエムな語りをしたのです。そして「この30年の約束もその思いで、ライフワークだと言ってきたことをしっかり形にするために全力を尽くしたい」と結び、会見は終了したのです。

最終的に教育持論を語る

小泉進次郎は30年後の自身について語り始めた、自分教育の持論を展開を語ったのです、そして最後まで「何にどう全力を尽くすのか」を明かさなかった小泉大臣にネットでは「言ってる意味がわからない」といった苦言の声が上がっているたのです。

ふたば未来学園

2011年に発生した東北地方太平洋沖地震およびこの地震によって発生した福島第一原子力発電所事故のために、双葉郡の高等学校はサテライト校として県内各地8校に分散しており、教育に困難が生じている。

双葉郡8町村では、困難な状況を乗り越え復興を実現する鍵は人材育成にあるとの考えのもと、「双葉郡教育復興ビジョン」を2013年7月に取りまとめた。そしてビジョンの柱の一つである中高一貫教育について、先行して高校部分のふたば未来学園高等学校が2015年(平成27年)4月8日に開校したのです。

小泉進次郎がふたば学園の構築に関わった訳は有りません、だだ得意のポエムで講演に行ったのです。

まとめ

まとめるのが難しい小泉進次郎大臣の福島県第一原発事故で発生した除染廃棄物の処理の最終的な処分の問題ですが、この要な問題は小泉進次郎では駄目ですオールジャパンの問題です。

小泉進次郎大臣は父同様に勉強していません、言葉の選択は抜群です、小泉進次郎大臣は難しい言葉は使わないのです、更に具体的なエピソードを入れ聞き手の目線で話すのです。

当然です、聞き手に語りかけて共感を得るのです、これが一番ですが当地ネタを入れ笑いをとるのです。

又大事なのは謙虚さを出し歴史上の人物の名言を引用するのです、最後は話題のニュースに触れるなどが主な小泉進次郎の演説パホーマンスです、小泉純一郎親子のパホーマンス演説会だ聞く話法です、いかがでしょうか、最後までご拝読ありがとうございます。

Sponsored Link



-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.