スポーツ ラブビー

ラグビーW杯を日本招致に命を賭けた奥克彦大使が凄すぎる

投稿日:

ラグビーワールドカップ2019が開幕した日本代表はロシア戦勝利で開幕戦を飾った、ワールドカップラグビー招致に尽力を尽くした奥克彦大使の存在を知ったのです。
20日に開幕するラグビーW杯に合わせ2003年にイラクで武装勢力に亡き者にされた奥克彦大使(享年45)の母校の早稲田大と、留学先だった英オックスフォード大のラグビー部が18日、早大上井草グラウンドで「奥記念杯」として対戦したのです。

W杯の日本招致を願っていた奥大使の夢が現実となるのを前に、両校の後輩が友情を育んだのです、 両校の親善試合は、早大が世界各国から学生7チームを招待して開催する交流大会の開幕戦です。

奥克彦さんの遺族のほか、元早大監督で日本ラグビー協会副会長の清宮克幸氏(52)、奥氏のオ大時代のチームメートで日英親善に尽力してきた元神戸製鋼選手のレジ・クラーク氏(61)らが見守ったのです。

キックオフ前に黙とうをささげた両校の選手は、あいにくの土砂降りの雨の中、激しいタックルを連発し互いにトライを許さない。接戦の末、オ大が3―0で勝利しました。

早大ゲームキャプテンを務めたフランカー柴田徹(4年)は「W杯の開催年に伝統校に来てもらって光栄です。奥さんという偉大な先輩を忘れることはできない」と、縁をつないでくれた奥氏に感謝。交流会でオ大の選手と健闘を称え合ったのです。

奥克彦大使は山を降りると言い外交官

奥克彦さんは伊丹高で全国選手権に出場した奥氏は早大でもラグビー部に入部したが、悩んだ末、「山を降りる」と外交官を目指す決意をしたのです。

2年で退部英オックスフォード大に留学したのです、そこで再びオックスフォード大学のラガーマンとしプレーしたのです、オックスフォード大学でも奥克彦さんはレギュラーとし活躍したのです凄いですね。

日本人でオックスフォード大でラガーマンとしレギュラーは後にも先にも奥克彦さんが初めてと言われています、更にオックスフォード大には奥克彦さんの記念写真が飾れているのです。

日本でW杯ラグビー招致言い出した人物は奥克彦大使

元ラガーマンで総理経験もある森喜朗が、大会招致に大きな役割を果たしたことは間違いないのですが、言い出したのは森喜朗ではないのです、ラグビーW杯組織委員会の事務総長特別補佐の徳増浩司さんが、興味深いコメントをしているのです。

「奥克彦さんという、早稲田のラグビー部出身の外交官がいらっしゃいましたJRFU(日本ラグビーフットボール協会)の国際委員もやられていたのですが、この方がラグビーW杯日本開催の可能性を早くから提案していました」

個人的にも英国滞在中にラグビーの人脈を広げる活動をし、森さんにも会ってW杯のことを語っていたとお聞きしました」と述べているのです、日本でのラグビーW杯開催を夢見た外交官がいたことは奥克彦さんに間違いないのです、誰よりも早くからW杯日本招致の必要性を力説していたというのです。

奥克彦さんがつないだ友情のパス

ワールドカップラグビー2019は開幕した日本ラグビー関係者は「奥克彦大使がつないだ友情のパスと読んでいます、奥君がいないのは残念だけど、彼がつないだ友情のパスを若い世代が引き継いでくれればきっと喜ぶでしょう」

と願っていたのです、日本は奥克彦大使の夢を叶えたのか初戦の強豪ロシアを破る快挙を見せたのです、奥克彦大使も天国から声援をしていたのか日本代表は素晴らしいプレーを見せてくれたのです。

まとめ

外交官のラガーマンが誰よりも先にワールドカップラグビー開催を願い奮闘したのです、森喜朗元総理をその気にさせた外交官の奥克彦さん、今は亡き人だがラブビーフアンは知っています。

ワールドカップラグビーを日本に招致してくれてありがとうと言っている、凄い試合が今から見れるのです、日本代表のレベルアップも凄いのです、ワールドカップラグビー招致で世界のプレーを見ると大きな勇気や、やる気を目覚めさせて暮れるのですがいかがでしょうか、最後までご拝読ありがとうございます。

Sponsored Link



-スポーツ, ラブビー

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.