ニュース 世界

小泉大臣外交デビュー「気候変動問題をセクシーに」私達は今日から変わる?

投稿日:

小泉進次郎の噓は「私たちは今日から変わる」だ、気候変動問題「石油依存の日本を低炭素社会にするため、若者を結集すると約束した」と海外メディアは報じた。

問題はアメリカだろう小泉進次郎の気候変動をセクシーには程遠いい、アメリカの政策だアメリカトランプ大統領は、オバマ前政権が進めてきた地球温暖化対策を全面的に見直すとする大統領令に署名しましたのです。

言い分は途上国全体の排出量は2030年〜2050年のあいだには先進国全体の排 出量を超えるとしている、しかし、これをもって、とくに米国や日本が中国やインドを名指しで批判するのはおかしな問題だとし温暖化には反対意見を示したのです。

小泉進次郎大臣の私たちは今日から変わるはパホーマンス

小泉進次郎・環境大臣がアメリカ・ニューヨークで「気候変動問題にはセクシーに取り組まないといけない」とアナウンサーとの合コンの要な発言をしたが嘘つきを露呈したのです。

「私達は今日から変わる」如何に変わるのか具体的な策は示されなかった、そもそも小泉大臣は、国連で開かれている環境関連の国際会議に出席するための勉強をしていたのか疑問だ。

日本に置いても火力発電は多いい、石油は多く輸入する現実を小泉進次郎大臣は「気候変動問題は今日から変わる」と言うが得意のポエムかパホーマンスか更にアメリカではよく持ち上げるセクシー発言をパクリ注目を注ぐ手口は正に進次郎の性格がまる出しだった、一度は良いが二度あることは三度ある、世界の笑者に成らないようにお願い致します。

外交デビューニューヨークはニューヨークで興奮

9月22日の会合に先立ち開かれた海外メディアを含む記者会見で、小泉大臣は「政治には非常に多くの問題があり、時には退屈だ。気候変動のような大きい問題には楽しく、かっこ良く、セクシーに取り組まないといけない」と興奮したのかおかしなコメントを述べたと言われる。

同通信はこの発言を大きく取り上げ、小泉大臣が38歳であることに触れながら、「石油依存の日本を低炭素社会にするため、若者を結集すると約束した」と報じた。今まで日本では聞いた事がない小泉進次郎の発信力はこの要な事なのかと驚いた「私達が住む大事な地球なんだから必死に取り組むべきだと私は思う」と述べれるべきだ。

そのうえで、小泉大臣の「外交デビュー」となればベストだった、と思うのです、 ニューヨークでの発言については、ネット上にも様々な声が上がっている「その具体策が示されることを私は期待しています」「外国語を話すには謙虚さが必要、など多くの批判が殺到している。

世界中に発信されたセクシー発言

この要なセクシー発言は小泉進次郎大臣のパホーマンス演説で有り、しかもパクリなのです、だがセクシー発言は「日本人として恥ずかしい」と多くの批判が出ている。

舛添要一・元東京都知事は「言語明瞭,意味不明瞭」と批判。「気候変動は極めて重要な問題で、真摯に、真剣に取り組むべき事と思います」とツイートしている。

小泉大臣は会見後、国連で開かれた会合で、「京都議定書」に触れながら「我々は強いアクションも、十分なリーダーシップも取っていなかった」と言及。共同通信によると小泉進次郎大臣は「私たちは今日から変わる。私たちの都市、国、世界の脱炭素化を一緒に達成したい」とも述べたという。

まとめ

外交デビューの小泉大臣がやらかした、日本政府の立ち位置を配慮しての発言なのか、だだ外交デビューで興奮しても発言なのか、日本が「私たちは今日から変わる」

はできない問題が多いいのです、アメリカとの立ち位置も日本政府は配慮しなければならないのです、地球温暖化は(気候変動)は大きな問題ですが「私たちは今日から変わる。

私たちの都市、国、世界の脱炭素化を一緒に達成したい」はやがて小泉進次郎大臣はお笑い政治家に成るでしょうと思うのですがいかがでしょうか、最後までご拝読ありがとうございます。

Sponsored Link



-ニュース, 世界

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.