ニュース 国内

グレート無茶長野市議選トップ当選したが覆面レスラーの悩み

投稿日:

グレート無茶「信州プロレスリング」代表が「エンターテーメントの力で長野を元気にする」との公約を掲げ立候補したのが始まりでした、グレート無茶は13年にも立候補したが見事に落選しました。

その後もフアンが選挙のたびに立候補の期待が有り今回も立候補を決意したのです、開票結果なんと覆面レスラーグレート無茶が最多得票数6231票を獲得しトップ当選を果たしたのです。

ところが市議会では覆面は「品位の尊重」として、帽子などの着用を禁じるが、覆面は明文化されていないとのクレームが有り論争に成っているのです。

任期満了に伴い長野市議選

グレート無茶は長野市議選に再び立候補したのです、定数39で覆面レスラーのグレート無茶がなんとトップ当選したのです、グレート無茶は立候補を表明したのは告示5日前の3日で選挙期間中も赤い覆面を着用し、選挙活動の展開たのです。

街頭演説や集会を開いたのは数回のみで夕方にJR長野駅前で歩く若者に握手をし続けるなど、知名度を生かして浮動票の獲得に力を入れたのです、若者層からの支持は完全にグレート無茶に流れたのです、15日開票結果は6231票でトツプ当選を果たしたのです。

覆面レスラー議員が誕生

16日未明グレート無茶は「議会に新しい風を吹き込みたいトップ当選がその形となった」と力強く語ったのです、無茶氏は地方プロレス団体「信州プロレスリング」代表を務めているのです「エンターテインメントの力で長野を元気にする」の公約は覆面レスラーの覆面を取らなければならないのでしょうか。

選挙期間中も覆面で選挙活動をしたので覆面は取らないと言うグレート無茶と品位を叫ぶ市議会と意見が対立しているのです。

覆面を外すと有権者に裏切

グレート無茶(本名・竹内敏之47)は覆面を外すと先ずは青少年に対して裏切り者行為に当たると言う言い分なのです、「信州プロレスリング」代表を務め、「エンターテインメントの力で長野を元気にする」の公約で当選を果たしたプロレスラーの覆面グレート無茶と市議会の論争は今なお続いているのです。

市議会が求めるもの

グレート無茶は議会では覆面着用は続ける意向を示しているグレート無茶に本人確認ができないので議場に入る前には、本人確認のためマスクを外す、ただ、議会では納得できる理由が無い限り、着用する姿勢を貫きたい。

外すと有権者を裏切ることになる」と話しているのです。市議会会議規則は「品位の尊重」として、帽子などの着用を禁じるが、覆面は明文化されていないのです。

まとめ

長野市議選で若者層の絶対的支持を得た覆面レスラーのグレート無茶がトップ当選したのです、長野市議選の現職市会議員は油断したのか市議会に出る事務所も持たない覆面レスラーのグレート無茶がトップ当選がその形となったのですこれは何を意味するのでしょうか。

街頭の演説で市議会議員になれるのです、若い力がグレート無茶を市議会に送りこんだのです、「エンターテインメントの力で長野を元気にする」と言うキャッチフレーズで幾度も落選をした覆面レスラーのグレート無茶が遂に当選を果たしたのです。


夕方にJR長野駅前で歩く若者に握手をし続けるグレート無茶は知名度を生かして浮動票の獲得に力を入れたのですがいかがでしょうか最後までご拝読ありがとうございます。

-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.