ニュース 世界

小泉進次郎大臣がグレタ・トゥンベリさんの演説で気候温暖化危機に目覚る

投稿日:

アメリカ・ニューヨークを訪れている小泉環境相は、日本企業の関係者と意見交換したのです、小泉進次郎環境相は日本では余り聞かなかった気候変動の問題で脱炭素社会を日本の重要課題にすると急速に意欲を示したのです。

地球温暖化に対する大人たちの無策や無関心を痛烈に批判した、スウェーデン少女はグレタ・トゥンベリさん(16)に感化された要だが決して悪い事では有りません。

小泉進次郎は環境相です環境問題に取り組むのは当たり前ですが温暖化の対策は10年間何もしない国会議員だった、小泉進小泉次郎大臣には至って難しい地球温暖化問題だろう。

小泉進次郎大臣が日本企業に地球環境問題を協力求める

小泉環境相が面会したのは、脱炭素社会の実現を目指す日本の企業グループの関係者と言われる、小泉環境相は日本の重要課題というのは必ず経済、社会保障、だけど絶対に地球温暖化環境は聞こえてこない。

まず地球温暖化問題を変えたいと述べたのです、更に小泉進次郎大臣は企業からの外圧が大事だとして協力を求めたのです、企業からの外圧とは如何なる事なのか完全には理解できないが化石資源由来のプラスチックについて再生可能なバイオマスプラスチックや紙などへの代替を推進すると言うのです事業の事だと思います。

化石資源由来のプラスチックの代替素材について、試作品の製作・評価などの手法により、製造工程及びリサイクル工程等の省CO2化を図る目的を持つのです、アメリカ・アップル社のジャクソン副社長と会談し、循環型社会の実現に向け、連携する方針を確認したのです。

小泉進次郎大臣発言をポエムとは言わせない!

「気候変動のような大きな問題は、面白く、クールでセクシーでなければならない」と語り国内でメルヘンと批判を浴びたが、小泉氏は22日、訪問先の米ニューヨークで海外メディアと記者会見し、独特の「小泉語」で地球温暖化対策への意気込みを語ったのです。

小泉進次郎大臣は環境相に就任後は有力なポスト安倍候補として、その言動に一段と注目が集まっていたが個別の政策をめぐっては踏み込みを避ける姿勢が目立つていたが今回のスウェーデン少女はグレタ・トゥンベリさん(16)に感化され地球温暖化対策で脱炭素社会を目指して成功すると小泉進次郎大臣の見方は変わると思われが問題は関山の如く有るのです。

小泉進次郎大臣に求められる地球温暖化答弁能力

脱炭素社会を目指す小泉進次郎大臣は答弁をはぐらかしたら終わる、問題は正面からぶつかる事だメルヘンと言われては大臣答弁とは言えない、10年間議員実績ゼロの小泉大臣には今から猛勉強をし官僚との連携をしなければならない自己満足の答弁はメルヘンに成る事間違いない、政府関係者もあの調子で話したらどんどんぼろが出ると不安を口にしているのです。

まとめ

10年間議員実績ゼロの小泉進次郎大臣を創り上げたのは自由民主党にも責任は有る、なにしろ人気アイドル並の人気だ客寄せパンダの役目をさせたのです、人気は怖い物です。

時期総理総裁候補に入る人気ぶりでした、安倍総理大臣と距離を置いていた小泉進次郎は滝川クリスタルとデキ婚の末に菅官房が環境相に小泉進次郎を抜擢したのです。

だが小泉進次郎大臣は東電原発処理問題でもメルヘン発言を繰り返し批判を浴びた、今回アメリカでスウェーデン少女はグレタ・トゥンベリさん(16)と出会いで環境を脱炭素社会を目指すと言い放ったのです、CO2は地球温暖化をもたらす。

経済も社会保障も大事だが小泉進次郎大臣は脱炭素社会を目指すと明言したのです、問題は多いいが地球温暖化は大きな問題と思うのですがいかがでしょうか最後までご拝読ありがとうございます。

-ニュース, 世界

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.