ニュース 国内

滝クリも驚いた小泉進次郎環境相のバカ発言

更新日:

滝クリは予想していなかったのか、小泉進次郎大臣の馬鹿さ加減を予想外は予想以上の無勉強の進次郎だった、もはや滝クリは表参道を歩けないようです。

メッキが剥がれた進次郎の発信力は誰も聞かない要です、しかも友人も離れたとか、滝クリは今一度小泉進次郎大臣の教育をするべきではないでしょうか。

ニューヨーク外交デビューの進次郎

国連気候行動サミットでのセクシー発言は隣に座っていたクリスティアナ・フィゲレス氏が先に使った表現で受け売りの発言だったのです、ところがその後記者からの具体策を質問されると、答える事ができなかったのです。

ただ単に受けを狙った中身のない発言と悟られたのです、このお粗末な発言を当然滝クリは知った事でしょう、ネットでは小泉進次郎大臣の発言がでると「大喜利」が始まると言う始末盛り上がりを観せている滝クリはニュースキャスターだ、今一度馬鹿発言をする小泉進次郎大臣に教育を願いたいものです。

大臣就任直後の福島県

汚染土問題の具体策を記者に質問されると「私の中で30年後を考えた時に、30年後の自分は何歳かなと発災直後から考えていました。だからこそ私は健康でいられれば、30年後の約束を守れるかどうかという、そこの節目を見届けることが、私はできる可能性のある政治家だと思います」

何の事サッパリ解らない、発言をしたのです、小泉進次郎大臣は果たして環境相が務まるのかカッコばかりで今迄は女性が食いつきそうな単語を多用していたが今は大臣なのです、記者の質問には明確に答える事です。

まとめ

滝クリは多くの著名人とお付き合いをしてきたニュースキャスターでも有る、小泉進次郎大臣の馬鹿さ加減は解らなかった要です、滝クリは今何を思うのだろうか、もはや小泉進次郎の再教育をするのが滝クリの仕事の要ですがあまりにもバカ発言をする小泉進次郎に滝クリが愛想をつかす日は来るのでしょか、想定外だった、小泉進次郎のバカさ加減。

中身が今のままでは、滝クリは愛想をつかすかもしれないと思うのですがいかがでしょうか最後までご拝読ありがとうございます。

Sponsored Link



-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.