ニュース 国内

千曲川の堤防決壊住宅1階水浸し助けを求める人が少くなすぎる

更新日:

千曲川が氾濫している濁流が多く流れている止まる気配は全くない、気になるのは助けを求める人が少ない事だ、あらかじめ避難しているのなら問題ないが気になるのが1階から2階や屋根に避難できない人がいるのではないか心配している、高齢者は屋根には登れないのでは?、濁流は容赦なく増えている危険だ。

千曲川の堤防決壊 

今回の台風19号はやはり今迄経験のない、すごく台風だった風と雨の大型台風は千曲川の堤防を破壊した、問題は千曲川の周辺住宅の方々は避難されていたのかです、あまりにも濁流が流れる中助けを求める人が少ない、ベランダに数人確認されたが多くの人は見れない、皆さん避難しているのだろうか。

改めて避難の重要性を感じた台風です、これからの台風は今迄の台風とは大違いのようです、マスメディアも大きく報道していたがやはり避難所に行かない方も居るようです、事情が有り避難所に行けない方々は確実に居る例えがペットは置き去りにされない、又障害の有る方々が遅れるようです、このような事を今後は自然災害の課題にしなければならない。

河川付近は確実に避難所

避難所に行く特に河川付近の人は必ず避難所に行く事が重要な事と思います、今までとは違います台風の規模が大きいのです、命を大切にするには避難所は大切な所と思うのです。

河川付近の方々は避難訓練は生活に欠かせないと思います、避難訓練により顔合わせもでき誘い掛けもできるのです、問題はペットですペットも家族と思う方々は多いいと思われます。

まとめ

千曲川の堤防決壊は改めてこれからの台風の強さを感じ得ない、濁流流れる光景は凄まじい必ず自然災害には避難所に行く事が大事です、命は住まいより大事と思います、誘い掛けをし日常生活から台風の対処を考えるべきだと感じます。

-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.