ニュース 芸能界

「速報」沢尻エリカ別にの名言を残したが警視庁組織犯罪対策課5課に逮捕された!

更新日:

沢尻エリカ(33)が合成麻薬を所持したとして麻薬取締法違反の疑いで警視庁組織犯罪対策課に15日に逮捕された、今回はさすがにエリカは「別に」では済まないだろう、最近はやや落ち着いた雰囲気の沢尻エリカだった。

麻薬は沢尻エリカに近づいていた、いつから麻薬使用はあきらではないが警視庁組織犯罪対策課逮捕では以前からの麻薬使用をしていたと考えられる、しかも暴力団絡みではないだろうか。

沢尻エリカの使用MDMAは最強

マトリによると沢尻エリカの使用したMDMAは、中枢神経刺激作用と幻覚誘発作用を持つ合成麻薬です、俗称としては、×(バツ)、エクスタシー、XTC、ラヴ・ドラッグ、アダムなどと呼ばれます。

合成幻覚剤で覚醒剤と似た科学構成を有し、麻薬及び向精神薬取締法で麻薬として規制されており、経口的に用いられています。覚醒剤より怖いMDMA!依存性、毒性は最強と言われています。

NHK大河ドラマは如何になる

沢尻エリカは、2020年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」に、斎藤道三の娘で織田信長の妻、帰蝶(濃姫)役で出演予定でドラマの撮影は今年6月にすでに始まっているのです。

NHK広報局は「事実関係を確認中と言っている」しかし警視庁組織犯罪対策課5課の逮捕ならば、いきなり逮捕ではなく時間をかけ捜査したと考えられる大河ドラマについては今後の対応とNHKはコメントしているが沢尻エリカは認められたようです。

まとめ

沢尻エリカが逮捕された有名言葉は「別に」だった沢尻エリカも33歳になり落ち着いた感じだったが芸能界は分からない、警視庁組織犯罪対策課5課は暴力団を捜査する組織なのです。

確実に沢尻エリカは組織と関係が有る、又沢尻エリカの使用したMDMAは最強の麻薬と言われるのです、過去ではASKAが使用し逮捕せれている、きわめて再犯率の高い麻薬です、芸能界には麻薬使用者が絶えませんね、最後までご拝読ありがとうございます。

スポンサードリンク



 

スポンサードリンク



 

-ニュース, 芸能界

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.