ニュース 国内

東芝がすごい癌検査を開発した1滴の血液で13種の癌検出できる!

更新日:

東芝は電気メーターだけではなかった1滴の血液で13種類の癌を99%の割合で検出する機械を開発したのです、もう癌健診は怖くない、東芝は2020年から実証試験をすると発表した。

実用化は数年以内

どのような検査機械なのだろうか1滴の血液で癌を摘発するとは、血液中に分泌される「マイクロRNA」と呼ばれる分子の種類や濃度を検査し、乳がんや膵臓がん、食道がん、胃がん、大腸がんなど13種のがんについて、ごく初期の段階でも発見できる。

実用化すれば、生存率が高まる事は間違いない、更にRNAを短時間で簡便に検出できるチップや小型機器の開発に成功したと言う、2時間以内に結果が判明すると言われています、癌は3人に1名がかかる厄介な病だ、。

誰もが怖がって検査さえいかないと言われています、1滴の血液でしかも2時間以内に結果が判明するならば早期発見の為に誰もが検査に行くと思う、2020年から実証試験をするならば数年後には実用化する事に違いない、検査で早期発見でもう癌は怖くない。

東芝と東京医科大共同研究

1滴の血液で癌を発見するには東芝と東京医科大や国立がん研究センターとの共同研究に基づく成果と言われています、機械を開発する東芝と実用化に向けて実験をする東京医科大や国立がん研究センターのチームが99%の割合で癌を摘発する機械を開発したのです、日本の医療の開発はすごい、もはや癌は怖い病とは言えない。

マイクロRNA

血液中に分泌される分子の種類や濃度を検査して13種類の癌を見つける機械なのです、1滴の血液で癌を見つける機械がもうすぐ活躍する、改めて日本人の医療開発のすごさを知らしめた、国は民間企業ばかりに頼らないで開発費を予算に入れるべきと思う。

まとめ

癌で亡くなった人は多いい、家族の働き盛りの人も癌には敵わないで亡くなった又最愛の人を亡くした、癌は厄介な病だったが東芝と東京医科大や国立がん研究センターとの共同研究に基づく成果で1滴の血液で癌が分かる。

しかも13種類の癌が99%の割合で分かるのです、早期発見と言われる癌はこの東芝が開発した機械で亡くなる人が少なくなるに違いない、東芝に拍手しますがいかがでしょうか、最後までご拝読ありがとうございます。

ネットの声
スポンサードリンク



 

スポンサードリンク



 

-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.