ニュース 国内

石破茂衆議院議員は有能な議員だが離党も有る!

更新日:

石破茂議員は総理総裁を巡り安倍総理と選挙を争って敗北した、有能な人材と誰もが思うが、安倍長期政権にはノーサイドはないようです、石破茂の離党もあり得るのではないかと思うが受け入れる政党が見当たらない。

石破茂は自民党で干された

衆院憲法審査会28日で自民党の石破茂元が発言を求めたが、指名もされなかった石破茂は発言を求めていたのです、無視されて激怒する一幕があったとニュースは伝えている。

改憲方針を巡って安倍晋三首相と意見の違いを置く石破茂は憲法審での自身への扱いに対し不満が爆発したたようです、安倍政権では石破茂は影が薄く閣僚には入れない扱いを受けている。

28日は与野党から50人の衆院議員が参加し会派ごとに代表が発言した後、発言を希望する議員が机上のネームプレートを掲げ、佐藤勉会長(自民)が指名する予定だったが佐藤氏は別の議員たちを次々と指名。

約1時間で計15人が発言する中、石破氏は最後まで指名されなかった。2度指名された議員もいたことから、石破氏は激怒したと伝えている。そのままで審査会は終了し、石破氏は怒りが治まらないまま部屋を後にしたと言う、確かに石破茂は自民党では蚊帳の外にいるようだ。

安倍総理と意見が異なる石破茂

憲法改正には石破茂は安倍首相の持論である現行の憲法9条への自衛隊明記を批判2項削除論を掲げ、首相の考え方と大きな隔たりがあるのが実情だ、意見や考え方が違うことで発言をさせないのはおかしな話だ。

石破氏は審査会後、新聞の取材に「本会議が迫っているわけでもないのに、時間を切って発言を制限するのはいかがなものか」と述べ、怒りが収まらない様子だったと伝えている。

石破茂は有能な政治家と思うがなぜだか役どころがありません、官房長官などは石破茂は適任者と思うが安倍長期政権では全く干されているオールジャパンで政治をしなければならないと思うが政治の世界はおかしな事ばかりです。

まとめ

安倍長期政権がもたらしたものは自由民主党の中にも不満が有るようです、安倍総理は大きなミスをしているが忖度が安倍総理を守る、花見は完全にアウトだが誰も意見を出さない自由民主党は変わったようだ。

政権が変われば安倍総理の確かな忖度の経過が見えるだろう、韓国ならば安倍総理は逮捕される事実も有るのは確実だが、今は長期政権で守られているが、やがては歴史がすべてを証明するのではないでしょうか、最後までご拝読ありがとうございます。

スポンサードリンク



 

スポンサードリンク



 

-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.