スポーツ 野球

清原和博が現在を1日Mーサンデーで宮根誠司に語る清原は薬物をやめる!

更新日:

清原和博が1日ミスターサンデーのMCを務める宮根誠司のインタビューに応じた、改めて薬物の怖さを知らされた、清原和博は今も毎日薬物使用の治療を受けていると言う。

自宅に見える場所に逮捕当時の思い出のモノを置いていることを明かした、留置場の中に唯一持ち込むことができたハンカチは今でもテーブルの上に置いてあると言う。

逮捕された際に着ていたグレーのシャツも部屋に飾っているという、二度と薬物使用をしないと誓いの意味と思われます。

清原和博は野球教室に参加していた

薬物使用をした清原和博は二度と野球のユニフォームを着ける事はあり得ないと思われたが1日八王子市内で開催された野球教室に盟友の元横浜の佐々木主浩氏らと参加した。


薬物使用の再犯率は高いが清原和博は薬物使用をやめられる、盟友の元横浜の佐々木主浩が清原和博を大きくサポートしているのです。

普通の元野球選手が薬物使用をすれば誰もが相手にしないのが普通なのだが清原和博は幸だ、サポートする人が多くいる特に佐々木主浩氏が清原和博をサポートしている。

野球教室も当然の如く佐々木主浩氏が開催したと思われる、そこで清原和博にユニフォームを着けさせたようです、清原和博は薬物使用をやめられる、サポートされているのです。

更に宮根誠司に明かした父の言葉「最後に頑張れ」清原和博は頑張れの言葉が嫌いだった野球選手時代は、だから父は頑張れの言葉は封印していたが、薬物使用を辞める清原和博に「最後に」頑張れの言葉をかけたと清原和博は明かした。

父の最後の「頑張れ」に涙したと言う、元野球選手の清原和博はフアンも今だに多いのです、宮根誠司に明かした事を忘れずに完全に薬物から脱却してもらいたい。

薬物の再犯率は高いのです

一度薬物に染まった人物は再犯する、芸能人には佐々木のようにサポートする人物が居ないのです、薬物使用で逮捕され刑務所から出所すると「おめでとうございます」の握手の手に薬物が渡されると言う。

有名人は薬物売人には最高のお客と言われています、だから再犯率が高いのです、清原和博はそのよう事はないようです、父や佐々木などのサポートを受け薬物使用から完全に脱却してもらいたい。

清原和博は自身について「今そういうものには一切関わっていない」とした上で本当に恐ろしいものなんだ今報道を見て、逆に気が引き締まる」と薬物依存からの脱却への決意を示した。

まとめ

清原和博は野球選手として偉大な打者だった、野球選手を引退すると自分自身が分からない位置に置かれたようです、清原和博くらい実績の有る選手はプロ野球の監督も出来る地位が有る。

フアンも多いのです、覚せい剤取締法違反で逮捕され、同5月に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けたが見事に立ち直る姿を見せてもらいたい。

覚醒剤使用で苦しんでいる人も多くいる、清原和博は薬物から脱却する事が指名と思います。




スポンサードリンク



 

スポンサードリンク



 

-スポーツ, 野球

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.