ニュース 芸能界

沢尻エリカ保釈20日ぶり犯罪対策課の取り調べが半端ない!

更新日:

沢尻エリカが昨日警視庁組織犯罪対策課から保釈された、沢尻エリカが20日間の取り調べですべてを喋って500万の保釈金で勾留を解かれたのです。

警視庁組織犯罪対策課は半端ない取り調べで多くの芸能界の関係者の薬物使用者の情報を得たようです、11月16日逮捕され10日後は恋人であるファッションデザイナーのNAOKIこと横川直樹容疑者も逮捕されたのです。

これ何を意味するのでしょうか沢尻エリカが喋りまくってしまったのです。

警視庁組織犯罪対策課が裏取り完璧次は片瀬那奈

沢尻エリカの取り調べで警視庁組織犯罪対策課は完璧な裏どりしたのは新友の片瀬那奈だ、10年以上のお付き合いが有り一緒にクラブに行く仲なのです。

当然の如く彼女達の出入するクラブに裏どりしたのは当然のことです、そこにいたのは芸能人では片瀬那奈と言われています、更に警視庁組織犯罪対策課は芋づる式に裏どりをしているのです。

それにしても片瀬那奈は片瀬那奈は11月17日放送の「シューイチ」で、親友の沢尻容疑者について涙をこらえながらのコメントをしていました。

「知らなかった許さない行為」とかを並べてコメントしていましたが警視庁組織犯罪対策課の取り調べが半端ない事を知らないようですね。

11月17日は沢尻エリカは取り調べでの始まりだが沢尻エリカは薬物使用は認めていたのです、取り調べは次の芸能人なのです、そこに片瀬那奈が登場するのは当然なのです。

カミソリ弁護士弘中惇一郎なすすべ無し

沢尻エリカはカミソリ弁護士の弘中統一郎を弁護士に付けたが時遅し、警視庁組織犯罪対策課の取り調べに全てを喋ていたのです、もはやこれまで。

カミソリ弁護士の仕事は保釈請求のみで20日ぶり500万の保釈金で勾留を解かれたのです、一時期は尿検査は白で沢尻エリカは堂々と警視庁捜査から逃れると思われたが次から次へと喋りまくり上げたのです。

NAOKIこと横川直樹容疑者も10日後逮捕されては弘中統一郎弁護士もなすすべ無しだったようです、せめて沢尻エリカは執行猶予3年で終わるようです、まさか無罪とはならないと思われるのです。

沢尻エリカの周りの人物はドキドキしている

沢尻エリカ会とか言われる会が有る、エリカを中心とした集団です、この集団はヤバイのです、エリカが薬物使用を勧めば断られないのは明白だ、しかも沢尻エリカは格別な女優タレントの地位をキープしている。

逆らえない、警視庁組織犯罪対策課はこの集団の裏どりを初めている更に怖いのは週刊文春砲だ、必ず握りしめている芋づる式に逮捕者が出て来る可能性が有ると言われるのは当然だろう。

まとめ

沢尻エリカは10年間も薬物使用をしていた、警視庁組織犯罪対策課もマトリも目を着けていたのです、相手は有名人です、確信と確実な証拠が出ないとガサ入れはできない。


沢尻エリカがクラブから出ていく此処とばかり警視庁組織犯罪対策課が家宅捜索であっさりと薬物を見つけたのです、(沢尻エリカが自ら出した)問題は沢尻エリカが500万の保釈金で勾留を解かれただけではなかったのです。

エリカの周囲に薬物使用者がいると睨み、更に捜査しているのです、マトリ5課も今回は警視庁組織犯罪対策課に事件を横取りされ唖然としているのです。

芋ずる先に芸能人の誰もがいるのか、やがて分かると思われます、又沢尻エリカが薬物依存から抜けられるのかは誰も分からない。

なにしろ10年の薬物使用をしていたのです、薬物密売人は必ず接触する大事なお客様に芸能人は大事な顧客なのです。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-ニュース, 芸能界

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.