ニュース 国内

いきなりステーキ貼り紙だけでは駄目メニューを考慮すべき!

更新日:

いきなりステーキの店舗に客の来店を願う言葉が張り紙でつづされている、運営するペッパーフードサービス(本社・東京都墨田区)社長の一瀬邦夫氏が語りかける内容で、手書き文字の内容は

「このままではお近くの店を閉めることになります」とつづされている、貼り紙だけでは駄目いきなりステーキはメニューを初めとする店舗全体的な問題を考慮すべき。

急成長を続けてきたいきなりステーキに陰り

13年末の1号店開業いきなりステーキのネーミングは圧倒的インパルスで急成長を続けてきた、いきなりステーキだが、勢いには陰りが見えている。

既存店売上高は18年4月から前年同月比マイナスを続け、19年10月には41.4%減にまで拡大し、ペッパーフードサービスは11月、自社ブランド同士の競合が発生している考えたのです。

いきなりステーキの出店計画を210店舗から115店舗に縮小し、さらに既存44店舗を退店すると発表したのです、このいきなりステーキの危機の打開策に社長の語りかける貼り紙だけでは駄目だ。

店舗のメニューや価格や応対などいきなりステーキの店舗を客観的に全てを見直すことが大事と思われる、どのな商売にも必ず陰りは訪れる。

社長が顧客に同情を訴えるのも悪くはないが根本的な打開策をいきなりステーキのすべての社員が考えられるべきと思う。

それにしても44店舗を退店とは驚く更にマイナスが19年には41.4%とは驚くばかりです、打開策は店舗閉店しかないのだろうか、

いきなりステーキ自社が競合

いきなりステーキは自社ブランドが競合し売上を低下させていると言われている、ならが社長は語りかける貼り紙だけでは駄目だ各店舗のメニューを見直す事だろう。

いきなりステーキのすべての店舗のメニューが同じでは顧客はいきなりステーキの店舗を選択する事は要らない、いきなりステーキは各店舗にブランドをイメージさせる事が大事と思われる。

100店舗を超えるいきなりステーキは店舗ごとにイメージを違うメニューや価格を考慮するべきと思うのです。いきなり社長の貼り紙だけでは駄目だ一時しのぎに過ぎない。

いきなりステーキが創業者の直筆で書いた店を閉める訳

確かに創業者の直筆で書いた「店を閉める」はインパクトは感じる、顧客は同情するが一時的な同情に過ぎないと理解するべきだ、やはり大事な事は顧客満足度である。

いきなりステーキの1号店舗を思い出せ凄いインパクトとネーミングは日本中のステーキフアンを圧倒したのです、創業者は今一度1号店開業を思い出して打開策を模索してもらいたい。

創業者の直筆の訴えは一時的には話題になるが永遠のいきなりステーキ発展はある得ない。

まとめ

いきなりステーキが顧客に訴えた「店を閉める」そのような訴えが貼り紙で各店舗に張られると言われている、確かに創業者のアイデアと思われるが一時しのぎのように思える。

「もう駄目」と毎日看板をだす店が有った、その店は規模が小さくて確かに同情を買い顧客を求めた、いきなりステーキは規模が大きい。

来客しないと店を閉めると、言わんばかりの上から目線の誤解だと勘違いをする顧客がいるかも知れませんがいかがでしょうか。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.