ニュース 国内

悲惨すぎる元農水次官に懲役6年で思い出した戸塚ヨットスクール

投稿日:

農林水産事務次官熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判で、東京地裁は本日16日懲役6年の判決を言い渡した、76歳の熊沢英明被告は6年の刑務所生活に入

又残された妻がいる今彼は何を思うのか執行猶予はあり得なかった、思い出したのは戸塚ヨットスクールの事件だ。

戸塚ヨットスクールの事件

1976年に戸塚宏が開校した「戸塚ヨットスクール」は徹底したスパルタ教育が注目を集め非行少年たちが入学したが、1980年から2年間の間に生徒4名が死亡・行方不明となった。

戸塚宏は傷害致死などの罪に問われ6年の懲役となった。徹底的なスパルタ教育は凄まじく引きこもりの少年や非行少年など問題が有る少年を戸塚は許さなかった。

徹底的なスパルタ教育は凄まじいものでした、当然の如く戸塚は懲役刑を受けた、戸塚は馬鹿野郎と警視庁を罵倒し刑務所に入った確かに戸塚は行き過ぎたスパルタ教育だったが戸塚に感謝する親がいた事を忘れてはならない。

元農水次官の長男は立ち直る事はできない

現在社会は少年や子供たちに体罰は絶対的にいけない行為と言われている、少年期からひきこもり、中高年になった人がなんと61万人もいると言われている、家族は大変どころか、その不幸は誰も理解できない。

そのような少年期を過ごした家族は我が子を戸塚ヨットスクールに賭けた、確かに戸塚のスパルタ教育は凄すぎた、戸塚ヨットスクールに賭け見事に立ち直った少年が居た事を忘れてはならない。

元農水次官の長男は家庭内暴力で家族は生きた心地はなかったようだ、警察や行政機関に委ねる事も考慮しなければならないと言われている。

だだ帰宅後の長男は完全に立ち直るとは’判断できなかったようだ、更に関係は悪化すると恐れたようだ。

よく理解できる、そこで事件は起きたのです、体罰はいけない時代はいかがなものか、彼が例えば戸塚ヨットスクールに賭けていたら事件は起きなかったのは違いない。

現実の社会は61万人のひきこも

寛大な先生方は体罰は絶対的に反対する、でも今だに起きるイジメ問題やひきこも61万人は現実なのだ。

現代社会に置いての事件が不思議なのだ、これは人間形成ができていないのだ、「鉄は熱いうちに打て」と言われているがそれがげきていない少年少女が大変な事件を起こすのだ。

今一度教育は何か考えないといけない時期のようだ、子供達は大罰は許さな事を知り尽くしている、先生方の大罰を動画編集をする、やはり戸塚ヨットスクールは人間形成には欠かせないようです。

まとめ

農林水産事務次官熊沢英昭被告の長男が親で有る英明被告にいつも暴力を振るう、我が息子からの暴力を受けるのです。

暴力はエステートするばかり、相談して直るのか、更に暴力がエスカレートする事を恐れたようだ、徹底的に治すとは英明被告は考えなかったのだ。

確かに分かるような気がする、戸塚に預ければ治す、徹底的なスパルタ教育は親に暴力は許さない、戸塚には大罰は教育なのだ。

意見は多く有ると思うが英明被告と奥様と亡き娘さんには仮定の話だが、戸塚ヨットスクールは存在価値の有るスクールと思うがいかがでしょう

我々の手で教育改革を!
戸塚ヨットスクールは、その厳しい教育訓練のあり方、死亡事故の発生、歪曲された報道などのため、これまで様々な誤解と中傷に曝されて参りました。
 しかしながら、同スクールが「大自然との闘いで精神を鍛える」という方法により五百余名の情緒障害児(登校拒否、非行、家庭内暴力、無気力など)を更生させ、心身の本当の健康状態を回復させることにも成功した事実には、教育と医学の両分野における画期的意義を見出すことができます。(後略)
戸塚ヨットスクールを支援する会会長 石原 慎太郎

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.