イブの夜ホテル予約は簡単1時間前の空き部屋

2019年のクリスマス・イブがわずかな時間となりました、恋人たちが静かに過ごすと言いクリスマス・イブにホテルを予約しているのです。

婚約をしたカップルや恋人同士あるいは不倫関係者もいる事と推測される、聖なるイブを過ごすロマンチックな夜だがホテルのキャンセルが通常では1割が3~4割に跳ね上がるとホテル関係者は嘆くのだ。

クリスマス・イブでもホテルは予約できる

クリスマス・イブのホテル予約はできる理由を紹介します、婚約者が慌てて予約していたが婚約者にふられ婚約解消となりキャンセル又恋人同士が別れた。

不倫関係者の二人が不倫がバレ大慌てでホテルをキャンセルする場合が多く有ると言われている、ホテルキャンセルは当日はまずいのは当然だが男女の関係は分からない。

キャセル料金が発生するのは完全には分からないが3日前にはホテルに伝えると言われるが男女の関係は3日前とは限らないのだ。

いきなり分かれる場合が多く有る、いつの時代も男と女の関係は分からない、だからクリスマス・イブでもホテルの予約は取れるのだ、しかもホテルによれば格安で取れると言われている。

クリスマス・イブの夜ホテルは空き部屋は出せない

クリスマス・イブのホテルは売上伸ばす稼ぎ時なのだ、空き部屋は出せない、そこでキャンセルを探すのだ、必ず見つかる、しかも価格交渉にも応じる(ホテルマン曰く)その価格交渉は完全に予約側が有利なのだ。

コツはホテル側のメンツを潰さない事だ、「空き部屋が有るから借りてやる」そのような応対はNGだあくまでも突然ホテルが必要になりました。

そのような態度が望ましい、一流ホテルは尚の事だプライドが有るのはお分かりと思うが完璧にホテルをクリスマス・イブの予約するコツなのだ。

クリスマス・イブの1時間前が狙い

クリスマス・イブの1時間前まで恋人同士は関係を維持しようと男あるいは女は努力する、完全お別れならばクリスマス・イブの夜まで結果は出ている。

結論が出せない男女がクリスマス・イブの夜ギリギリまで話合う未練がましい男は最後の最後まで諦めないのだ、なぜならばクリスマス・イブの夜は恋人同士には特別な夜なのだ。

終われば完全にお別れなのだ、悲しみをこらえて最後の会話でイブの夜のホテルのキャンセルが決まるのだ、未練がましのは統計ではどうやら男のようです。

女は意外と諦めが早いと言われるがこれも分からない女が引っ張る場合もあるが諦めは肝心だ、又素晴らしい恋が芽生える事も有る、ホテルキャンセルは戸惑うな、特別な夜に争いはうまくいかない。

まとめ

クリスマス・イブの夜のホテル予約はできる、しかも格安にです、男と女の物語で必ず空き部屋が有る、狙うのはキャンセル待ちなのだ。

特別な夜にお別れする男と女がいるのだクリスマス・イブの夜のキャンセルは通常の3~4割のキャンセルが有る、恋人同士は特別な夜を逃すとは永遠の別れを意味する。

仕方ないのだ、そこでお一人様でクリスマス・イブの夜を過ごすのだ最高のイブの夜ではないか、そのように思うがいかがでしょうかね。「クリスマスイブ」は「クリスマスの夜」という意味で「クリスマス前夜」という意味ではない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です