ニュース 芸能界

文春砲直撃!千葉県知事森田健作の仕事まるでプロダクション?

投稿日:

文春砲が炸裂した驚く森田健作の不自然な行動は県知事ではなくプロダクション経営だった、裏どりをする、週刊文春!でるでる森田健作のでたらめ行動はプロダクション経営だった。

千葉県庁で森田健作の不思議な行動がが問題化

台風15号による被害が拡大する9月11日森田健作の空白の6時間を週刊文春砲は捉えた、森田健作は芸能活動に励んでいたのだ、前日の10日は公用車で別荘を視察が明らかになっている。

つまり森田健作は2日も連続で災害対策を怠り被害者をほったらかしにしていたのです、更に今新たな疑惑を浮上しているのです、12月16日の県議会で9月11日の午後の行動が分からないのです。

「知事は9月11日の午後何をしていましたか」の質問に秘書課は空白期間と答えたと言う、週刊文春砲は裏どりをした、空白の6時間だ、関係者が重い口を開いたと言う。

森田健作はFMラジオ局のペイエフエムのレギュラー番組「青春スピリッツ」の収録にスタジオに訪れていたのです、周囲は大慌てで「このような事をしている場合ではない」と大慌てで森田健作を県庁に戻したのです。

「青春スピリッツ」はタレントや歌手をゲスト出演させる番組ですが台風15号被害以降は完全に放送は有りまん、しかも何も説明はないと言われる、一方TBSの番組は現在も出演している。

要する健作は県庁を私物化し売れないアイドルを千葉県の予算で出演させていたのです、まさにプロダクション、しかもお金の支払いは県税からです。

森田健作はペイエフムと千葉テレビの影響力は絶対的で有るのです、なぜならば千葉県が筆頭株主なのです、森田健作は今っもサンミュージックに所属しているのです、長年に渡り千葉県を私物化は過去に例がありません。

10年には青春ドラマ「俺は男!」再放送

森田健作はドールデンタイムに自身の主演の「俺は男だ!」43話を再放送したのだ、誰が見るか森田健作の古びたドラマを。

その時も私物化と抗議が有ったが仕事はプロダクション経営だ、サンミュージックのタレントを出演させなければならない、森田健作は県知事の仕事はまったくしていないのです。

しかも分からないのです、だから災害対策もしないで散髪屋や私的視察とか言うのです、自宅は知事公舎なのだが公用車で行ったのは自宅と言う、呆れるばかりです。

サンミュージックから表彰される

サンミュージックの初代のタレントの森田健作は喜んでいる、心は県民には向いていないのだ、サンミュージックの経営はどうか?口癖のように言っているとか。

森田健作はプロダクション経営を目指しているようです、サンミュージックもタレントの面倒を見てくれる森田健作は貴重な存在の人物です、表彰くらいするでしょう。

まとめ

週刊文春砲は千葉県知事森田健作を徹底的に裏どりをしています、メディアとして当たり前です、でたらめな記事は出せますせん、必ず週刊文春砲は裏取りをします。

今回一部の週刊文春砲の千葉県知事森田健作の不正を紹介したが、続きがあります、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-ニュース, 芸能界

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.